ブログ村通信

ブログ村・統一教会関連ブログから、パソコンに触れることのない婦人達に統一教会の現状を知らせる為のブログです。  ここに引用掲載された記事をメールマガジンと連動させ、広く末端の現場まで届けます。趣旨に賛同されるブロガー、読者の皆様どんどんメルマガ登録お願いします。 登録操作が難しい食口には、あなたが代わって登録してあげてください。

April 2013

以前gildongブログにUPされた記事を全文掲載し
並びに3回に分けて毎日メルマガ配信します

この記事が書かれてもう二年が過ぎようとしていますが、
このような事実を知る食口はまだまだ多くありません。

もどかしい限りです。

少しでも多くの食口に拡散してくださることを願います。



以下引用

韓国時事ジャーナルによって暴かれたサタンの罠 2011-05-31 06:48:16

2013年1月13日の起点は、言うまでもなく2001年1月13日の「神様王権即位式」であり、天一国が宣布されたその日から12年ということになる。この期間内に、天一国が成されるためには、真の子女と祝福家庭の勝利が絶対条件である。真の子女無くして真の父母はなく、国民無くして国王はない。

今、統一家で起こっている様々な問題は、実は天一国を成す上で避けて通ることのできない摂理そのものです。このような時こそ、摂理の中心を見極める必要があると考えます。見るな聞くなでは、間違いなくサタンの餌食になります。
韓国の時事ジャーナル1127号 に掲載された記事は、外的な摂理の流れを把握するうえで、よく整理されていると思われましたので、日本語訳を掲載します。当然ながら、食口でない記者の方が書かれた文章ですので、「財産争い」といった、摂理の本質と異なる視点も入っていますが、事実関係をザックリ把握することは有意義だと思います。
(6/5:プエルトカサド事件に関する前市長の手紙等のリンクを追加しました。)

**********************************************

全世界で騒々しい統一教版『王子の乱』
統一教会文鮮明総裁の息子たちの間で財産争いが続いている。 七男亨進氏は四男国進氏と手を組んで三男顕進氏所有財産と権力を奪うために攻撃している。戦場は世界中に広がっている。 [1127号] 2011年05月28日(土)、イチョルヒョン記者

統一教会文鮮明総裁が近いうちに証人の立場で法廷に立つようだ。統一教会の後継者である七男の亨進氏が去る5月13日に、三男の顕進氏に対してUCI(旧統一教会の世界基金)を返せという民事訴訟を米ワシントンDCの民事裁判所に提起した。いわゆる『統一教版王子の乱』が本格化する流れである。

文鮮明総裁は、夫人韓鶴子夫人との間に7男7女をもうけた。長男、次男、六男は、事故や自殺で死亡した。 (従って現在は)顕進氏が長男で、亨進氏は末っ子である。UCIは、顕進氏が掌握している統一協会傘下の非営利組織(NGO)である。JWマリオットホテルと新世界百貨店のあるセントラルシティー(ソウル市瑞草区盤浦洞)、一成建設、米国の魚販売代理店トゥルーフード、米国の航空機運用業体であるワシントンタイムズ航空がUCIの傘下にある。亨進氏は、顕進氏が設立者である文総裁の意に逆らってUCIを運営していると主張し、元の所有者である世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合)に返すよう要求している。

亨進氏は顕進氏のすぐ下の弟である四男国進氏と手を組んだ。亨進氏は、教会の傘下団体の信者たちを動員して顕進氏を攻撃している。現在国進氏は統一教会財団の金脈を握っている。宗教的権威は亨進氏が、財政は国進氏が、それぞれ受け持っている形だ。かつて統一教会の後継者と目されていた顕進氏は去る2008年4月以降、統一協会傘下団体の会長ないし副会長の位置から順に追い出された。 統一教会財団傘下の統一グループの系列会社は、早々に国進氏に渡った。今や顕進氏に残ったのはUCIのみである。

そう見るや顕進氏は、決死の覚悟でUCIを守ろうとする。裁判の結果に最も大きな影響を与える要素は、設立者の文総裁の意向である。訴訟当事者のいずれかが文総裁を証人席に着けると予想されているのはこのためだ。統一教会信徒の間に『メシア』として君臨してきた文総裁は、今や息子たちの財産争いに動員される境遇に置かれた。

三人兄弟の間に起こった財産争いは全世界に広がっている。統一協会の影響力を行使して、行く先々で顕進氏勢力と亨進·国進氏の勢力が争いを繰り広げている。南米パラグアイとブラジルから中央アジア、ネパール、アフリカのケニアまで、全世界での教会財産や後継構図を巡る葛藤をもたらしている。一方が推進する国際的なイベントを組織的に妨害したり、宗教指導者の資格で実行するための宣教活動を妨げている。その過程で暴力が横行し、米国やブラジルでは、民事刑事訴訟まで進んでいる。

今までは亨進氏と国進氏が攻撃すると、顕進氏が食い止めるという具合だった。その過程で顕進氏が支配していた資産が一つずつ亨進氏と国進氏配下に移った。UCI傘下のワシントンタイムズが、昨年11月国進氏が支配する米国の団体のニュースワールドコミュニケーションディベロップメントに移った。ワシントンタイムズ紙はこれまで、統一教会の日本人信者の献金での資金援助を受けて運営されてきた。国進氏が財団の資金源を掌握しながら、2009年7月、ワシントンタイムズ紙への支援を中断した。ワシントンタイムズは独立に失敗した。

これにより、ワシントンタイムズは、債務を引き継ぐ条件で国進氏側に移った。去る2009年12月ピースカップ組織委員会からの顕進氏側近が弾き出され、ピースカップ組織委員会も国進氏の支配下に置かれるようになった。

統一教会王子の乱は、地球の反対側のブラジルでは民事刑事事件に飛び火した。顕進氏が昨年5月、ブラジルの有名なキリスト教指導者であるマヌエル・フェレイラ氏に会うためにブラジルのサンパウロを訪問した。顕進氏は、統一教会の現地教会に出席しようとした。早朝礼拝で説教するために教会に入ると、統一教会南米地域の総括役である申東謀氏とシモンフェラボリ統一教会ブラジル協会長が顕進氏の説教を妨害した。

怒った顕進氏は、申氏とフェラボリ協会長を礼拝堂に立てておいて足で蹴って頭を小突いた。(訳注:申氏は自分で仰向けになっています )誰かが暴行の場面を盛り込んだビデオを8分間に編集してYouTubeに投稿した。フェラボリ協会長は、昨年12月、暴行のビデオを証拠資料として添付して、顕進氏を相手に教会の立ち入り禁止や接近禁止を要求する裁判所の事前命令を申請した。

(しかし当然ながら)ブラジルのサンパウロ市の裁判所は、事前命令申請を棄却した。接近禁止の請求が棄却されると、フェラボリ協会長は、顕進氏を相手に刑事訴訟を提起した。この過程で統一教会の本部がフェラボリ協会長に刑事訴訟を提起することを指示したという主張が出た。サンパウロの教会で、昨年5月に発生したこの事件は、韓国にまでその余波が続いた。文総裁は昨年6月「(統一教会の)相続人は文亨進であり、残りは異端である」という揮毫を作成し発表した。

『後継者』だった顕進氏が押し出される過程

世界大学原理研究会(W-CARP、以下、ワールドカープ)、Daumカフェには、フェラボリ協会長が去る4月11日作成したものと知られているスペイン語の書簡が上がっている。この書簡には「国際的な法律担当者から顕進氏を相手に刑事訴訟を提起するよう指示を受けた」という文言がある。この書簡の真偽を確認しようと統一教会財団に何度も連絡したが、顕進氏に関連する問題には言及できないという回答のみであった。

アンホヨル統一教会財団の広報室長は「顕進氏と関連する問題については議論しないというのが財団の方針だ。虚偽の報道が出た場合には、報道機関とそちら側(顕進氏)の人に対して言論仲裁委員会に提訴するか、訂正報道請求訴訟を提起するというのが公式的な立場だ」と述べた。

かつて統一教会の後継者として注目された顕進氏が一夜にして末弟に押し出された経緯は疑問だらけだ。去る2008年3月までは顕進氏は、統一教会のビジョンと平和運動方案を盛り込んだ報告書を提出して文総裁から賞賛を受けるほど立場が確固としていた。顕進氏は、これに促され、2008年4月、南米6カ国統一教会を訪問するために出国した。顕進氏は文総裁からパラグアイのチャト(不毛の地)地域における統一協会の土地管理業務まで指示を受けた。

顕進氏が南米6カ国歴訪で三番目の国であるパナマに到着したときに、予期せぬことが起こった。顕進氏が2000年から引き受けた世界大学原理研究会(W-CARP)の会長と、1998年から引き受けて来た家連合副会長の職を解任された。顕進氏の義父である郭錠煥、当時世界平和統一家庭連合会長も押し出された。家庭連合会長の席には亨進氏が上がった。 顕進氏は徹底的に人事議論から排除された。離就任式も電撃的に進められた。

顕進氏は、インターネットを通じて離就任式を見守らなければならなかった。これと同時に、統一教会は、ワールドカープの運営も亨進氏が務めると発表した。国進氏は直ぐさま米国でワールドカープの世界本部を閉鎖した。ワールドカープ所属の牧会者には韓国に帰るよう勧めた。当時、米国の牧会者の相当数がワールドカープを去った。

打撃が激しかったが、当時はまだ顕進氏は健在だった。顕進氏は、天宙平和連合(UPF)とUCIの会長を兼任していた。文総裁が去る2008年12月24日、統一教会公館である天正宮(京畿道清平)に教会の指導者100人ほどを招待した。この会議に出席したある統一協会の指導者は、「文総裁は当時の教会指導者たちの前に三兄弟を立たせ、『兄を中心に一丸となって行け』という教示を下した」と述べた。顕進氏の側近は『後継構図がきれいに整理された』と判断した。しかし、去る2009年11月に亨進氏がUPF会長に上がりながら顕進氏は後継構図から完全に押し出された。

亨進氏が後継者に上がるために決定的に寄与したのが金孝律氏である。金氏は、韓鶴子女史が理事長である家庭連合宣教財団の事務局長を務めている。統一教会内では文総裁秘書室長とされる人物だ。文総裁内外の教会とのコミュニケーション窓口としての役割まで担っており、強大な権限を行使している。顕進氏の側近は「金氏が文総裁の口と耳のふりしながら、顕進氏の活動や役割を文総裁に正確に報告していない」と述べた。

昨年2月22日、統一協会内部で想像し難い『暴動』が起きた。金氏は、統一教会公館遊天宮(ソウル蘆原区)で開かれた世界サミットで『顕進氏が長期間に亘って文総裁の権限を無視して後継の座を狙っている』と告発した。従僕がメシヤの長男を公開的に非難してきたのだ。これと同時に、統一教会の法律担当パクジンヨン弁護士は、『顕進氏が支配したワシントンタイムズ航空が韓鶴子女史を訴えた』と明らかにした。教会の高位関係者二人が同時多発的に顕進氏を告発すると、出席者の多くが『文総裁の許諾を受けたのか』と尋ねた。

パクジンヨン氏は、兄弟間に葛藤が生じた場面ごとに登場する。パク氏は去る2009年8月パラグアイ・プエルトカサド暴動事件にも介入したことが知られている。顕進氏がパラグアイに入ろうとした去る2009年8月2日のカサドでは住民暴動が起きた。統一教会は、去る2000年9月に現地法人カルロスから敷地60万ヘクタールを買収した。その後しばらく放置されていたが、文総裁は去る2008年1月にカサドの土地管理を顕進氏に一任する。当時、プロアルマンティエールというの住民団体が、カサドの一部の土地を占有していたために財産権行使が思うようにいかなかった。

地元住民は、不毛の地だが、長く住み慣れた土地を追い出されるのではないかと心配していた。その最中に当時のカサド市長のラウル・ベニシオ・ラグラナ氏と、プロバラティエ住民代表者のフランシスコ・ディック・オジェダ氏のところに、フランシスコ・サボリアと名乗るコスタリカの弁護士と統一教会財団の関係者が訪れる。サボリアは、二人に『顕進氏が支配する現地法人ビクトリアSAは、その土地の所有者ではない。実質的な所有者は統一教会の組織である』と語った。

当時市長であったラグラナ氏は、去る4月15日、ベルナルディーノゴンサレス県の市長への手紙 で『2009年の半ばから2010年までにアスンシオンとプエルトカサドには、統一教会財団の人が訪ねて来て、国進と亨進を代理して顕進の不正を見つけ、処罰するために来たと言った』と主張した。また、この手紙には『(国進と亨進は)顕進が自分の父の財産を盗むことができないように私達(カサド住民)と地方自治団体が支援することを期待すると述べた』と書かれている。

統一教会財団は、この書簡の内容についても言及することを拒否した。パクジンヨン氏が国進氏に送った報告書で、統一教会財団の立場を確認することができた。パク氏は2009年8月9日に作成したレポートで、『ビクトリアSAは、その土地の法的所有者ではなく、ウルグアイ法人アテニルSAと世界基督教統一神霊協会(神霊協会)が所有者である。ビクトリアは、アテニルと神霊協会に土地を借りた賃借人に過ぎない』と指摘している。

住民の暴動を触発させた責任もビクトリアSAにあると主張する。ビクトリアSAが2009年7月31日、裁判所からの退去命令書を発行されて現地の統一教会公館と敷地で、現地の住民たちを強制退去させようと、プロバラティエを主軸に、現地の住民が銃で武装したまま集まった。警察が武装の住民を解散させる過程で銃撃戦も発生した。当時のカサドに入ろうとしていた顕進氏は、カサドから320km離れたレダに留まらなければならなかった。

『追い出された世子』主催の行事には常に妨害者が

当時の暴動事件の調査に参加したキムギョンヒョ氏は、『パクジンヨン氏がコスタリカの弁護士サボリアを立てて、現地の住民に、ビクトリアは土地の所有者ではないと語り、問題の解決を複雑化して暴動が起きるのに寄与した』という主旨の公開書簡を統一教の信者たちに転送した。パク氏はキム氏が自分の名誉を毀損したと主張し、8百万ドル規模の損害賠償訴訟を提起した。それと同時に、キム氏は、統一教会、米国の宣教師の地位を剥奪され、家族と一緒に急いで韓国に戻らなければならなかった。

統一教会の立場では、『追い出された世子』がメシヤの長男という後光を背負って世界中で繰り広げる宗教活動は、黙って見ていることはできない行為なのだろう。統一教会は、『顕進氏が既に後継者ではなく、顕進氏が主催する行事は統一教会とは関係がない』と言論メディアを通じて宣伝している。世界中の統一教会支部は、顕進氏が世界を回り2年ごとに開催するGPF(国際平和フェスティバル)イベントの妨害に打って出た。

顕進氏は、UPF会長当時推進してきた国際的な平和運動行事のGPFをUCI会長の資格で主催している。 昨年10月のGPF南アジアの行事が開かれたネパールでは、エクラト統一教会ネパール協会会長とロバートキトゥル宣教師が現地の新聞に『GPFは、UPFの行事ではなく、顕進氏が独自に主催する行事』と広告を出した。顕進氏の側近は『(GPF)妨害行為は、統一教会、アジア大陸会が主導したもの』と主張する。
1週間後、パラグアイで行われたGPFの行事には、統一教会の南米大陸会が出て妨害した。最悪の状況が頂点に達したのはアフリカのケニアだった。昨年11月17~22日に開かれたケニアGPFの行事は、キバキケニア大統領が後援した。大会直前にUPFは、『GPFはケニアに登録された民間団体でないうえ、統一協会の傘下団体であるUPFとは関係なく、顕進氏がUPFから離れて出て独自に主催する行事だ』と現地の新聞に広告 を掲載した。これにより、ケニアの公安当局が、GPF行事の妨害を主導した統一教会関係者を逮捕する事態 まで発生した。

顕進氏は、少し前までは二人の弟の攻撃には一切対応していない。しかし、UCIまで奪われる危機に及んで今は反撃に出ている。顕進氏の側近は、『もはや退く所もない。今から向こう(国進氏亨進氏)で仕掛けてくる全ての攻撃行為に対して、対応射撃をするだろう』と述べた。統一教会の指導者と信徒たちは、顕進氏の義父である郭錠煥会長を『堕落した天使長』と規定する。統一教会財団は、顕進氏に残っている統一教会の資産を取り戻すための争訟を行う。 統一教会の王子の乱は、今絶頂に駆け上がっている。


引用:gildongのブログ



ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

今日は日曜、文顕進理事長が話されるのを聞いた後で、ブログを書くのに葛藤する日です。 


今の統一教会がどれほど間違っているか、正しい道がどこにあるか、はっきりとされる時間の後で、リーダーに間違って導かれた祝福家庭に語りかけようとする時、様々な人たちがいるのを感じながら葛藤するのです。 


私は、統一教会の人達に何を批判されても、基本的に応対しない事にしています。その代わりに、事実を伝え、原則を伝えようとします。 


でも、それでは悟れない人達がいることも認識しています。そして、そうした人達がどのような運命にいたるのか、それがわかる時に葛藤するのです。「もう一歩踏み込むべきか、もう一段下がるべきか、そうしたら一人でも多く悟れるのだろうか . . . 」 


より多くの人達に道を開くためには、もっと容易い道が必要なのですが、それが今は見つかりません。 


それが可能なのは、位置を持ったリーダーの立場、例えば文夫人のような立場からですが、しかし、位置を持ったリーダーが道を示して、それに従ったとしても、今のままでは、何も学ばない事になってしまい、いずれまた同じ過ちを繰り返すか、あるいは人類の行くべき道に障害物を作り出すか . . . 


子供に何か、例えば数学とか、教えようとする時に、答えと解き方を教えて暗記すれば良いと教えるのでしょうか、それとも、原理原則を教えて、自分で考えさせようとするでしょうか? 


今日も、文先生のお話を引用して終ります。 


1966年のお話 


「このような環境の中で皆さんはどのような位置にいるのでしょうか。 


天の歴史がこのように芽に向かって流れてきたがゆえに、私達はどこにいようが、その目的とするところを人類や世界といった、大きなところに置かなければなりません。 


わかりますか。 


“私”を中心とする人はいけません。 


私を中心とした家庭だというのではいけません。 


家庭のための私、氏族と民族のための私、国家と世界のための私であるという観点に立ってこそ、人類において甲斐ある現在の位置を認めることができるのです。 


ところが、私のための家庭であり、私のための社会であり、私のための国家であり、私のための世界だと主張する人は、自我の方向さえも破綻させるのです。 


皆さん、自分の良心にそっと打診してみてください。 


そして、その良心が何と言うのか聞いてみてください。」 



引用:パシセラ (Paci-fi-Cera) のブログ

ブログ主様ありがとうございます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。



 

「在韓日本祝福家庭婦人会」のブログに新東亜の5月号の記事が出ていましたが、そこに出てくる「ドアノブ権力」という聞きなれない言葉は何なのかと思っていると、その説明がすぐに次の記事で出ていました。これは私にとってはとてもわかりやすい説明でした。
http://ameblo.jp/zaikanjphujinkai/entry-11516538609.html

お母様から「訴訟停止」の指示が出て久しいのに、どうして訴訟が一つも停止されないのかと誰しも不思議に思っているところだと思います。ヨイド裁判なども、私も初めの頃はあの国進様がとても頑固な性格なので、2審までも負けを重ねたとしても続ければ相手は必ず金欠となるから勝てるという読みに固執しているから終わらないのだろうかと思っていましたが、その彼が財団理事長を解任されたにもかかわらず裁判は継続(むしろ、世界各地でさらに追加拡大!)されているようなので、そうではなかったことがはっきりしました。

お父様とお母様に会う人を制限する権能を持った「ドアノブ(ドアの番人)」人物が、その「ドアノブ」の位置を守るためには、一番避けたいことが、お母様と顕進様が近づくことである、というのが実にわかりやすい説明であり、この二者が近づくことを困難にしているキーポイントが裁判であり、ゆえに裁判停止は即ちこの二者が近づく可能性をかなり促進してしまうために、絶対に避けなければならないことになるわけです。

今ほどお母様が顕進様を必要としておられる時はないでしょうし、顕進様の親孝行の心は、どんな形であろうとお父様とお母様にとって最大の助けとなりたい(もちろん神様を中心として)ということであるはずですから、この「ドアノブ」人物が、どれほどあってはならない障害物になってしまっていることでしょうか。

新東亜の記事:http://ameblo.jp/zaikanjphujinkai/entry-11516517701.html を読めば、外の世界の言論のほうが、中にいる「素直な」食口達よりもはるかに現状を理解する能力も持っており、危険な状況に立たされているお母様の状態を心配する心さえもあるのではないかとすら思わされてしまいます。

特に母の国である日本の、影響力のある指導者の方々は、このようなお母様を真に愛し、真にお守りし、お支えする道を選択しなければ、後でどんなに後悔されることになるだろうかと、非常に心配です。

そのような影響力を持たない私などは、せいぜいブログを通して叫ぶくらいしかできることはありません。あるいは今アメリカ人の食口によって始められた「訴訟停止請願の署名運動」に協力することでしょうか。これも、「在韓」に出ていましたが。
http://ameblo.jp/zaikanjphujinkai/entry-11516575322.html

今回はなぜか、「在韓」讃歌のようになってしまいました。




引用:kotenjiのブログ

ブログ主様ありがとうございます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 

来る24日から29日までラスベガスツアーが決まったそうです。

私のKYKからも参加します。

 

この件に関して非常に気になる記事があるので抜粋して紹介します。的を得た記事、指摘だと思います。

 

『牧会者の逆襲』より

ラスベガスツアーで献金集め
http://tamare.jugem.jp/?eid=7

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国で献金勝利した責任者と食口を対象にして参加者を集めている
ある地区長は、現場の教会に早く100%勝利宣言してから名簿をあげるように指示したところもある
いつもの手口常套手段、もう飽き飽きしてしまう

させる方もさせる方なら、それに乗る方も乗る方だ!

うちでは婦人部長に任せているが結局のところ、借入金で献金、また借入金でラスベガスの観光。 一体なんになるの?

どうせ、ラスベガスでの權進様の事業支援と(カジノホテル)

なかなか進まない日本の献金集めの口実

アメリカのテロ、北朝鮮の挑発行為、日本の地震この緊迫した時にのんきに観光かよ!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この記事に書いてある内容が事実ならば(おそらく事実でしょう。相変わらずです。)、明らかに 徳野コンプライアンス宣言に反しています


説明します。

献金勝利した責任者と食口を対象

100%勝利宣言してから名簿をあげるように指示、とありますが、

『勝利宣言』とは、「私(教会)は必ずいつまでにKをいくらやります!!」と、個人(あるいは責任者)が「決意し宣言すること」で、今の時点でKを準備できていなくても、「Kを勝利した、準備できた」とみなされることです。中心者が決意した内容は、食口も決意したと同じである、として現場では強制的に献金が要求されます

 

現実は個人も教会もKはありませんから、後になって、「天に誓った内容(K)は必ずやらなければならない(出さなければならない)。」となり結果、強制的にKを集める、というのが現場の現実です。こういうわけで、これでは徳野コンプライアンス宣言教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する。』に完全に抵触します。

 

このようにして集められた献金は、幹部の不正蓄財や、無謀な訴訟費用に用いられてしまいます。摂理をストップさせることになります

 

無謀な訴訟を継続しているため、損害賠償は発生していますので、お金が必要というのも現実です。

一日16千万ウォン、1年の人件費として考えると…

http://ameblo.jp/zaikanjphujinkai/entry-11503458316.html

 

お母様の訴訟撤廃指示を無視し、無謀な訴訟を継続していますが、

食口は早く現実を見つめる勇気を持ち、訴訟を撤廃するように現場でも良心の声をあげ、今後は『食口は献金すべきでない!!』と思います。

 

賛同される方はこちら!!

お母様の呼びかけに応え、訴訟をストップさせましょう!!

不要な訴訟を停止させるための統一教会員による請願http://seturitekikattou.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

 

このままではお母様が大変です。

速報!お母様の目は
http://ameblo.jp/cosmosnokokoro/entry-11515957529.html 

引用:
維新の翔ぶがごとくに


ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。



「基元節を迎え真のお母様を中心として世界平和家庭連合として新たな出発がなされました。日本で家庭連合の位置付けで設立された真の家庭運動推進協議会(APTF)の役割がますます重要となってきます・・・」

と案内のメールが携帯に届きましたので、出席しました。

今回は、総会のリポートを読者の皆様にお送りします・・・


○入会の意義、目的

1.「祝福家庭の会費」としての性格を持っていますので、APTF入会は「祝福家庭の証明」と言えます。

2.生前にAPTFに入会している事が聖和式で送られる資格条件の一つとされています。

3.本部の維持運営、二世教育、学校建設等の為の基本的財源となっています。さらに、地方への還付金は地方活動の基本的財源ともなります。

4.会員のための互助制度として奨学金、葬祭費、御見舞金の3種類があります。


APTF正会員入会のご案内より引用

※↑ツッコミどころ満載の案内ですが今回は突っ込みません・・・笑い


私の家庭は、真の家庭運動推進協議会に入会以来、10年近くなります。

正会員として会費も滞納なくきちんと収めていますので、総会は当然、参加するべきだと考えていました・・・

開会10分ほど前に教会に到着したのですが、受付には誰もいなく、礼拝堂に入ってみると、わずかに数人が着席していました・・・

私の所属する協議会においては、会員が300家庭程ある様です。

個人会員も考慮にいれて、家庭会員が夫婦で参加したとしたら、400名~500名位になるはずです。

開始時刻が過ぎた時点で私が人数を確認して見ると17人でした。

私の予想通りではありましたが、総会の案内には確か、今後は真の家庭運動推進協議会(APTF)の役割がますます重要となってくると書いてありました。

言っている事とやっている事が全く違うのが統一教会の現実です・・・

式次第には2012年度収支報告、2013年度予算案・・・等が書いてありました。

驚くべき事に、本来は、収支報告書、予算案が総会資料として参加者全員に配布されるのは当然の事ではありますが、何と収支報告と予算案の資料は配布されていませんでした。

これは、世の中の常識では考えられない事です・・・

私は、この現実に直面して思わず目まいがしました・・・

私は、子供が通う中学校でPTAの役員をやっていましたので、収支報告書や、予算案の作成は当然の事としてやっていました・・・

私は、議事が進行していく中で、即座に、「収支報告書と予算案の資料を参加者全員に配布するべきではないか?」と質問をしました・・・

そしたら、驚くべき答弁が返ってきました・・・

収支報告書と予算案を参加者全員に配布すると、内部事情が外部に漏れる可能性があるので配布できないとの事でした。

と言う事は・・・参加者の中に統一教会反対派のスパイがいるかも知れないので、内部資料は渡せないと言っているのか?・・・と私は心の中で思いました・・・

私は、間髪入れずに、「ここにいる人は会員なので、外部の人間ではないですよ~」と追求しました。

それに対しても、様々な理由をつけて「配布できない」等と言っていましたので、私は更に間髪入れずに、「常識的には配布するべきだと思いますよ~」と意見を述べました・・・

その後、何事もなかったかのように、議事が進行していきました・・・

そして、閉会のあいさつの直前になって、司会より、「宗族的メシヤさん、どうしても収支報告書と予算案が欲しければお渡しします」との返事があり、私は「是非、下さい」と言って、やっとの思いで収支報告書と予算案を手にして、教会を後にしました・・・

会費をきちんと納めて、正会員として登録している協議会において、収支報告書と予算案を手に入れるのに、こんなに苦労しなければならない組織が一体、日本の何処に存在しているのでしょうか?・・・

では、私が苦労して手に入れた収支報告書と予算案を読者の皆様に公開いたします・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・冗談です・・・

基元節を迎え真のお母様を中心として世界平和家庭連合として新たな出発がなされ、日本で家庭連合の位置付けで設立された真の家庭運動推進協議会(APTF)の現実を知って、今後の統一教会の未来はどうなるのか?・・・・・・・真剣に考えざるを得ません・・・

※読者の皆様のご意見、よろしくお願いします・・・



引用:宗族的メシヤのブログ

ブログ主様ありがとうございます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

多くの人は苦労の代価として天国に入ることを望み

天国の一員になることを目指して歩んでいるのかもしれません


泣くほど苦労して、信じられない悲しい思いをしてきたから

その苦労はきっと私の子供や孫に報いられるのではないかと思いがちですが

それはどうなるかわからないことですね


私の苦労が私の周りに報いられるとは限らない

一番神様から遠かった人や家庭に持っていかれる事もあるのではないでしょうか


為に生きるという事はそういうことかもしれません(確信はありません)


成約の時代において神から導かれ多くの苦労を生きてきた食口

食べることも寝る事も忘れて毎日を生きてきました


騙されたり、欺かれたりしながら、望まない人生を行かなければならなかったかもしれないし

「こんなつもりじゃなかった」という連続だったかもしれません


その苦労が神様のみ旨を進めていく条件になり

私の知らないところで密かに進行する大きな摂理の

小さな一つの柱になるなら・・・それもまた「私の救いであり喜びである」としたときに

やっと、神様は食口を誇って下さるような気がするのです


食口は人柱のようなものです

そのように覚悟して出発したはずです


いつの間にか自分の先祖の開放を願い

天一国なるものの市民になることを望み

さらにこの世でも優越感や選民意識を持つことに慣れて

天宙復帰とか神様の開放とか一番大切なことを忘れてしまっているのです


それどころか、世間一般の常識や慣習すらさえも分からなくなっています

人との関わり方が幼稚です

コミュニケーション力の無さは致命的だと思われます


そして、素晴らしい御言葉を拝しながら、知恵あるものがいないのです

ブログ村が混乱している中、誰も収集することができません

それは様々な問題や葛藤を紐解いてくれる確固とした理念やノウハウが無いからです


何年お父様のおそばで仕えたとしても、素晴らしい実績を残してきたとしても

身内で起こっている混乱を解決することさえできない組織と人が

世界を変える事はおろか、氏族を納得させることもできないのではないでしょうか


反対派や問題提起してくる人たちは批判ではありません

世間一般の声です 教会がこれから伝道しようとしている対象者です


反対している人、教会を批判する人は外でやって下さい

摂理が分からない人、御言葉が理解できない人は静かにしていてください

教会本部と違う考え方や方向性のある人は自分たちだけでどうぞ


そうやっていては天国などできるはずもなく

間違いを見つけて正していくこともできません


面倒な人を避けていては神様のみ旨に雄々しく立ち上がる人は導かれてこないですし

人生に悩んでいる人や寂しがり屋さんしか集う事が出来ない団体になってしまいます


・・・どんな世界が天国なのかそれぞれが違う姿を思い描いていたりして


もう一つ気になるのは○○先生とか○○長と言われている大先輩方の沈黙です

誰もが知っているあの先生、あの講師、あの先輩はどこに消えたのでしょう


霊界が近づく時を迎えて、人生の実りを神様に捧げるべきではないでしょうか

ゼロになってみる勇気を見せてほしいです


そんな思いも空しくかき消されていくような統一教会周辺です


神様の摂理と一つに慣れなかった組織はサタンが入って分裂していきます


一方は神様となんら関係のない存在となり悲惨な形で崩壊していくでしょう

もう一方の小さな群れはかろうじて姿をとどめながらも神様の摂理からは

置いて行かれていく存在となるでしょう


しかし、おいて行かれたことを理解できない群れは

今も神様が自分たちのもとにあると言い続け小さくまとまっていくのです


サタンが入った組織は結局新しい時代から取り残され

歴史の片隅に追いやられ忘れ去られていきます


かつて神様が用いた群れで、失敗してなお摂理を担っている群れはいないのです


失敗すれば惜しみなく捨てられ消えていくのです

統一食口であっても例外はありません


○○双祝福家庭、○○名宣教師団、○○連合・・・

真の神の日をはじめとするたくさんの名節・・・

全てを捨てでも神様のみ旨を守らなければならなかった真のお父様でした





引用:しあわせなオリーブの木

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口に教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。


1月20日、お母様は「訴訟を中止して、基元節を通じて新しく出発しなさい」と言われた。にもかかわらず、「すべての上に立つ」金孝律氏は、UCI訴訟を止めようとしない。



なぜなのだろうか。その弊害は甚大なものであることが明らかになっている。



まず、金孝律氏ら原告は、お父様はUCIの創設者ではあるが法的責任者ではない、としてきた30年来の原則を破り、お父様がUCIの法的責任者である、その指示に従えと訴えた。



すでに述べたように(お母様を騙す弁護士)、原告の一人、朱東文氏の弁護士は、①「UCIの創設者(お父様)と教会指導者は、裁判所に出頭し証言する義務がある、②訴訟に関与した人々は、UCIに送った献金の出所と性質について、すべて回答する義務がある。③その資料は、公的な記録となり、マスコミに公開されるだけでなく、韓国や日本、そしてアメリカの政府関係者にも公開される、と報告している。



裁判が進めば、お父様も、UCIの資金について証言しなければならなかったし、場合によっては偽証などの罪に問われる可能性があった。またダンベリー裁判のように、個人的にUCIのお金を使用したのにそれを報告しなかったとして、脱税の罪に問われる可能性もあった。たとえお父様は亡くなられたとしても、その罪は夫婦としてのお母様の責任でもあり、投獄される可能性も大だ。



また、朱氏の弁護士が述べているように、多額の送金を行ってきた日本は、すべてを証言しなければならず、宗教法人としての資格もはく奪されるかもしれない。マスコミは面白おかしく脱税宗教として報じるだろう。



一方、今のUCIは、日本からの送金もなくなり、財産もあまり残っていないはずだ。このように、統一グループとしては、弊害ばかりが多く得るものがほとんどないのが明らかであるにもかかわらず、なぜ金孝律氏は裁判を止めないのだろうか。



ある人は、彼がこの訴訟をはじめた当事者だから、自分の面子にかけて止められないのだろうという。ただそれだけだろうか。いつも疑問に思ってきたが、今回のワシントン・タイムズ航空(チャーター機)事件ではっきりした。



3月8日の公判で、不正送金(背任罪)に問われている金孝律氏、朱東文氏の弁護士は、証人として立ったリチャード・ペレア社長に対し、「あなたは文総裁を絶対的に信じていますか」次に「あなたは、文総裁がお金を送金するよう指示したならば、従わないのですか」と質問した。



その意味は明白であろう。文総裁を信じていると証言したペレア社長に、違法送金を命じられても従うべきではないかと言っているのだ。賢明なペレア社長は、「文総裁は違法な送金など命じるはずがない」と答えたことにより、被告側の目論見ははずれた。



しかし、ここで明らかになったことは、金孝律氏、朱東文氏が上記の様々な弊害があるにもかかわらず、UCIに対する訴訟を止めないのは、彼らが過去に、UCIの理事として行ってきた自分の不正の数々を、すべてお父様に責任転嫁するためだということである。そのためには、お父様がUCIの責任者でなければ困るのだ!恐るべき陰謀である。



顕進様が、彼らは統一運動を利用し、最後は逃げていくだろうと言われていたが、まさしく彼らは、国進様や亨進様を利用して顕進様を攻撃し、次はお母様を利用して国進様と亨進様を追放し、最後はお母様を法廷に立たせることになるだろう。そして、彼らは何の責任も取らず逃げていくのだ。



2013年4月18日


マルコ





引用:マルコの手紙



ブログ主様ありがとうございます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

今、教会は分裂崩壊状態です。何が真実なのか、わからない状況です。

しかし、通りいっぺんのごとくに、深く祈ってとか、目の前のアベルと一体化してとか、お題目のように訓読や敬拝をしても、もはや意味はありません。ましてや、多額の献金で変わるものは何もありません。

二世を愛さないと意味がありません。他の事は、二の次でよいと思います。清平の先祖解怨も後回しでよいでしょう。

二世を愛することを優先させるべきです。目の前に存在する神様からの動機によって、与えられた命(=二世)を愛することです。

愛するために、一世は犠牲になる(その覚悟をする)ことです。

真のご父母様は摂理があったため、直接ご子女様を愛せませんでした。愛せないどころか、家庭を壊す原因をつくってきました。これが真のご父母様の恨(ハン)になっています。

ご子女様も、いくつものご家庭が崩壊している状態で、もはや取り戻すことはできません。真のお父様ともども、ご子女様のご家庭が供え物となられたのです。

しかし、この真のお父様の生き様(教訓)から、私たちは二世を命がけで愛することを託されていると感じています。たとえ、子供が一線を越えても親子の絆は変わりないはずです。

真のお父様、お母様は、ご家族、ご子女様を供え物とされて、私たち祝福家庭の反面教師になってくださったのです。

真のお父様は、最後までご子女様の話は聞かずに、側近の話だけを聞いて判断され、親子の縁を切る覚悟で宣布文を発表されたようです。これが顕進様の問題の本質だと考えます。


どうしてでしょうか。


それは、父に愛されなくとも神様を愛する子女になってもらいたいがためです。ご子女様には、「愛されない立場でも、愛する」という愛の恩讐を越えてほしかったに違いありません。

これは、ご子女様ばかりではありません、私たち祝福家庭にも望まれていることです。

愛するということは、なんと単純にして、奥が深い(難しい)のでしょうか。



引用:goojobのブログ

ブログ主様ありがとうございます
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。


二世は教育部長さんによれば、目の前にある現実を納得のいくように説明してほしいと願っているようです。

正直、このような教会を取り巻く愛の恩讐問題を、今の親(一世)には説明できません。

しかし、説明できずとも、正面から取り組むことが、一世としての唯一の姿勢ではないでしょうか。そして、それは同時に私たち自身(一世)が神様のところに帰る道を見出すきっかけになるのではないでしょうか。

今、親(一世)が二世に示せるのは、絶対に諦めない姿勢です。必ず神様の元に帰る道を捜し出すという姿勢を示すことです。

最後まで、道を捜し求めることです。

神様と私(一世)は親子であると、どうして言えるのでしょうか。そう言えない、わだかまり、愛の恩讐があることに心の痛みを覚えるなら、そこから私たち、一世は選民としての自覚と誇りを持って捜し求めていきたいものです。

こうした選民としての誇りを失わずに道を求める群れが、来るべき第四の選民圏を形成していくのだと思います。

注;)教会の公式見解は、祝福家庭は基元節の祝福式で、実子になったというものです。果たして、その実感は今の祝福家庭、一世、二世にあるのでしょうか。形式だけで何の実感的根拠がないまま先走ってしまっているようです。

注;)第三イスラエル(統一教会)の中から、実子としての自覚を持つ者が現れたとき、それは第四イスラエルの出発となります。UCとか、顕進様のグループとか、分派とかは関係ない世界で、組織な枠を超えて、さらには宗教という枠さえも超えた立場で、良心の声に従う群れが出現するとき、それは必然的な第四イスラエル選民圏の形成を意味することになると考えます。




引用:goojobのブログ

ブログ主様ありがとうございます



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

金孝律氏が韓国検察から起訴されている裁判は、判決が5月か、6月に出る可能性があるようです。


これは刑事事件で、有罪になれば入獄する可能性があるものです。


韓国の検察は有罪にできる自信があるから起訴したのでしょうから、金孝律氏自身も、金孝律氏を事実上の最高権力者の位置に持つ統一教会も、厳しい事態に面している、と思われます。


韓国の歴史を見れば、奸臣と忠臣の葛藤を見ることができます。以下の文先生のお話を見ると、文先生はそれを「血なまぐさい歴史」と呼び、「あきあきする」とも言い、「神様は奸臣側ではありません。忠臣側なのです。」と言っています。


歴史上にも、奸臣の言うことを信じて、自分が正しいと思って忠臣を撃った人達がいたはずです。


そういう人達は、どのようにして、許される道があったのでしょう?そういう話は、歴史ドラマにはあまり出てこないのですが、私は関心があります。




文先生のお話



「今日五千年を経てきた韓民族の歴史をたどってみる時、その歴史はあきあきするような歴史ではありませんでしたか。



血なまぐさい歴史の過程が織り成されてきたのを見れば、振り返ってみるのも嫌な歴史ではなかったかということです。



このように行き難い大韓民国という国を形成するためにも、血なまぐさい曲折が織り成されていますが、



ましてや神様のみ旨を成し遂げることのできる天側の国を編成するためには、どれほど血なまぐさい代価が支払われなければならないかを、皆さん、考えてみてください。



一つの国においても奸臣が栄えたならば忠臣が栄えることのできる歴史的時期があり、主権を行使することのできる時期がありましたが、神様は奸臣側ではありません。忠臣側なのです。



忠臣側でありながらも、奸臣から数千年の間追われ、一度もご自身の権威を誇ってみることができませんでした。



ご自身の愛、ご自身の家、ご自身の氏族、ご自身の民族、ご自身の国であると誇ることのできるものがない中で、あきあきするような戦いをしてくるほかなかった天側の悲惨な事縁が、歴史の背後に宿っているということを、我々は忘れてはなりません。



そのような天側の国を追求していくうえにおいて、私自身が天側になるのか、その国の先頭に立って祭物になることのできる自分自身になっているのかが問題だということです。」




引用:パシセラのブログ


ブログ主様ありがとうございます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。


   

はじめましてcottonです 音譜


ブログ初挑戦なので 少し緊張気味ですが 河東の春の訪れを伝えることができたら・・・と思います

(少し前のことで恐縮ですが・・・^^;;)


桜の季節は ほんとうにアッという間に過ぎ去るもので もう葉桜になってしまったけど

ソンジン河に沿って長く続く桜並木はとても美しくて(日本の韓国旅行のガイドブックにもでてました^^)

毎年多くの人たちが訪れますニコニコ


梅が有名なこの地は 桜の前には たくさんの梅の花が見られ ソンジン河をわたった向こう側の全羅南

道では 梅祭りも盛大に開かれます 多くの出店が立ち並び、多くの人が訪れますが 私は 河東小さな山里で開かれる小さなお祭りが好き・・・ラブラブ


そこは、忘れな草さんと私が所属しているサムルノリチームのメンバーのお兄さんが住んでいて 3年ほど前にも 一度きたことがあるけれど その後は事情があってお祭りができなかった状態でした


車が1台しか通れないくらいの細い山道をたくさんの梅に囲まれて どんどんあがっていきます


村のひとたちが摘んだワラビなどでビビンパ、ゆでた豚肉、おもちなどを準備してくださり、訪れたひとたちをもてなしてくださり、それ以外はなにもありません・・・


時間がゆっくり流れる中、たくさんの自然と梅の花と・・・高い山の上から下を見下ろすと・・・そこからもまた多くの自然を眺めることができて・・・・


そしてそこに住むひとたちのあたたかさにもふれることができる・・・・ラブラブ


今年も素敵な時間をすごすことができました・・・・ありがとうございました・・・・^^



引用:芽吹きの季節

「統一教会で結婚し韓国の田舎にお嫁にきた私たち・・・。

韓国の歌 「흙에 살리라」 
土に生きるを心に刻み、今日も泣いたり笑ったり

毎日の生活の中での神様さがし。」(共同運営のブログ)



ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。


私は、在日韓国人3世だ。。。
慶州南道出身の父方の祖父母と慶州北道出身の母方の祖父母の血統を受け継いでる。。。


私の両親は、私を日本人のように育てた。。。


差別がひどかったからだ。。。税金を払ってるのに、地方参政権もない。。。
1982年に日本政府が難民条約を受託するまで、国民健康保険にも加盟できず、医者代全額負担。。。

国民年金にも加盟できず、難民条約を受託するまで、加盟できなかった。。。


在日韓国人を雇ってくれる会社は、昔はほとんどなかった。。。

私の世代でも在日韓国人を嫌ってる日本人は、少なからずいる。。。

韓国に帰っても日本人以上に嫌われる。。。

私は日本人と韓国人と和解したい。。。

過ぎ去った過去はカイン、未来がアベルだ。。。

韓国も未来思考であってほしい。。。


引用:和解のブログ


ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

“アベル的報告”というものがされるようになった理由が、旧約聖書にあります。

モーセがカナンの地を探らせた12人は、40日の偵察後、カナンの地を攻めるのは不可能であるという報告をしました(民数記 第13章)。しかしそれに対し、ヨシュアが密かに送った斥候の2人は、カナンの地を落とすことが出来るという報告をしました(ヨシュア記 第2章)。

カナンの地を攻め落とし、カナンの地に入ることが目的であったイスラエルは、2人の報告によって力づけられ、これから始められる戦争に対する勇気と、勝つ自信を持つことができました。

この旧約聖書の物語により、“カイン的報告”“アベル的報告”というものが言われるようになり、神様の摂理を進める為には“アベル的報告”が必要であると、何度も講義で聞きました。

このような講義を聞いて、民数記とヨシュア記を読んだ人がどのくらいいたでしょうか。

民数記に記録されている内容を読んでみると、モーセが送った12人は、地方を偵察し、地方で実る果物を持ち帰り、地方の様子を報告しました。

それに対しヨシュア記に記録されている2人の斥候は、カナンの地の首都と思われるエリコに侵入し、そこで出会ったラハブとの出来事を中心に報告しました。

ラハブは、危険を承知で2人の斥候を共助した…ということから、エリコに住むラハブにとっては、エリコでの生活に何か問題があり、イスラエルが攻め込んで来ることを望んだのではないか…と思われます。政治そのものに問題があって、エリコに住む住民すべてが大変な生活を強いられていたのか、あるいは、ただ単に、ラハブだけがそうだったのかは分かりませんが、とにかくラハブは、イスラエルが攻め込んで来ることを望んでいたと思います。そうでなければ自分達の生活が破壊される戦争を仕掛けてくるかもしれない斥候2人を助けたりなんかしないでしょう。常識的に考えても…

モーセが送った12人も、ヨシュアの斥候2人も、“カイン的報告”“アベル的報告”をしたのではなく、自分たちが見てきた内容をそのまま報告したにすぎません。モーセが送った12人は地方の様子を、ヨシュアの斥候は、エリコの様子を報告したのです。つまり、ヨシュアの斥候は“アベル的報告”をしたのではなく、カナンの首都エリコの様子を、事実そのまま報告しただけです。

嘘でも良いから責任者の意図に叶う“アベル的報告”をするというのではなく、事実は事実として事実を報告し、その中でいかに目的を成就するのか…ということを考えることが真の信仰者ではないのだろうか…と私は思います。

現実を無視してでも“アベル的報告”をすれば神様が導いてくれる…というものではないと思います。現実を現実として受け入れ、その中でいかに勝利するかということを真剣に考えて行く中で、神様がはたらき、知恵が与えられるのではないのでしょうか。

教会幹部は、食口の現実をもっと知るべきだと思います。
自分達に都合の良い報告、“アベル的報告”のみを受け入れる…ということは、正直いって、自己中心的な感情から来るものではないのでしょうか。

現実を把握した上で正しい判断をしてこそ、正しい指示を出すことが出来るのではないでしょうか。そうして初めて、真の勝利を勝ち取ることができるのだと思います。




引用:瞳の中の北極星

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。


末端の日本信徒の悲惨な状況を本部は知らないのか?と何時も疑問に思っていました。

主張先で出会ったある教会の教会長と話す機会がありました。

質問をぶつけてみました。

「献金どころか、生活もままならない食口たちもいるし、人も増えていないので今後は多額の献金は無理なんじゃないでしょうか?牧会者の方々の認識はどうなのでしょうか?」

「教区、教会に割り振られた献金目標に対し、現場の状況を報告し、出来ないというのは「不信仰な報告」として疎まれるから信仰的な、希望ある返事や報告をしないと駄目だと思っている牧会者が多くいる」そうです。

希望がなくてても、希望的報告が信仰者の姿、牧会者の姿のようです。(ある意味嘘をついている事になります。)

だから地区会議(地区長、教区長、教会長)で悲惨な状況がテーマになる事はなく、ただ幾ら出来るか、やるかという決意と数値の報告の場だそうです。悲惨な状況を言って「出来ない」「難しい」と言うと「人事」に確率は高くなるどそうです。

つまり牧会者の仕事は社会的に言えば「Yesマン」を如何に演じるかというものです。そして現場の信徒に対し、それが天の願い、父母様の願いとして命令できるかが良く仕事の出来る牧会者ということになります。

この教会長は正直に発言しすぎて、地区長から教区長になり、今は小さな教会の教会長に降格人事でやってきたそうです。

その教会長によると「だから前宋総会長は現状を全く知らないどころか、聞く耳もなく、強引に進めて行き、しかも結果的に献金がものすごく集まるので、まだまだいけると思っていたし、当然韓国本部にも虚偽報告ではなく本人的には真実の報告(信仰的、希望的報告)をしていた。」ようです。

韓国本部は日本からはまだまだお金が来ると思っているので摂理を編み出し公文を流し献金要請をしてくるのです。

宋前総会長にしても、袖の下、寸志、賄賂も当然現場からの有り余る献金からの個人献金(日本の責任者として苦労しているご褒美)として何の負債もなく受け取るっていたようです。

今度の宋総会長は若い分「本当の事を言ってほしい」といっているそうです、聞く耳はあるようで前回の会議時に数名の牧会者が現実を報告したそうです。会議は少し氷ついたような空気が流れたと言っていました。

しかし、まだまだ多くの牧会者たちはこの現状報告(不信仰報告)をすると「人事」或いは「解雇」になると恐れて何も言えない、妻子を抱えているのでここで(統一教会、牧会者)で生きるしかないのが現実なのだと吐露していました。

「韓総裁の通訳していた方(末永女史)が副会長になったので、日本の現状も直接耳にはいるようになるんじゃないかな」と希望的観測も述べていました。

「信徒の不幸」の上に幹部の生活や幸福があっても良いとは到底思えません。ましてや人を善き方向に導く牧会者たる考えとしては不適格のように思います。

現場の牧会者の方が信仰的報告と思っている事は明らかに虚偽報告であり、この現状を正確に把握し、知恵を出し合い解決していく事が本来の仕事だと思います。

「yesマン」の生活を守る為に信徒は借り入れまでして献金しているのではないのですから、天に対しても、地(守るべき信徒)に対しても負債を感じないのであれば「良心は麻痺」していると言わざるを得ません。


参考ブログ記事
「暴露するよ(3)」
http://ameblo.jp/cosmosnokokoro/entry-11503418516.html(引用)

私利私欲のかたまりでした。あげますよぉ~。
「この大会をしてしまったことにより、私は地位がなくなるかもしれない。
そうしたら、いったいどうしてくれるのだ。
子供は大学だし、これからも学費がかさむ。
自分はもう、外の世界では働くのは無理だろうから、
路頭に迷ってしまう。
もし、そうなったら、どうする!位置がなくなるぅ~・・・」と、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これが大陸会長の言葉だそうです。



引用:yosia621のブログ



ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。


 

この数回、文先生のお話を紹介しながら、現在の状況に関して言及してきました。 

 

今、韓国検察から追及されている、金孝律氏と朱東文氏は、自分達が違法行為をしたのは、文先生が指示されたからやった事である、と罪を逃れようとしていると見えます。 

文先生の言動は、一部のリーダーのエゴや野心や保身のために、どれほど今まで「使われて」しまった事でしょうか?今度は、罪を擦り付けられようとしているようなものではないでしょうか? 

統一教会の皆さんが、文顕進理事長(そして郭牧師)をサタン視するように仕向けるためには、文先生の言動と文先生の言動のニュースをコントロールして、文顕進理事長と郭牧師を分派扱いするのが、もっとも有効だったので、多くの情報操作が行われてきました。 

ざっと振り返ってみましょう。 

 

 

嘘と嘘報告リスト 

*「文顕進理事長が7ミリオン・ドルを盗んだ。」(実は、文X進夫妻の為に使われたものだった。) 

*「文顕進理事長がワシントンタイムズを盗んだ。」(実は、統一教会が、ワシントンタイムズを引き取りを拒んだ。) 

*「文顕進理事長が母を訴えた。」(実は、不法送金されたた航空会社が、返還を要求した。返還を要求しなければ、逆に管理責任不履行で訴えられた。) 

*「文顕進理事長が米国統一教会を乗っ取った。」(実は、文先生の指示に従って、取締役をもとどおりに戻そうとした。) 

*偽者の霊界メッセージをソクチョで報告して、文顕進理事長が弟達の下に入る組織図を提示した。 

*「文顕進理事長は、御父母様に敬礼しない」と報告した。 

*「文顕進理事長は、自分が新しいメシアだと言っている」と報告した。 

長くなるので、このあたりで止めておきますが、こうした嘘をついて、リーダー達は自分の利益になる言葉や宣布文を引き出そうとしました。 

一方、リーダー達は、自分達の利益にならない文先生の言動は、ビデオも消し、教会員に伝わらないようにしました。 

例えば 

*2008年12月24日、文顕進理事長を中心に、右に文亨進会長、左に文国進理事長を並ばせて、兄を中心に一つになるように儀式をした事。 

*2009年11月19日、文亨進会長がUPFの会長に就任した報告を受けた文先生が文顕進理事長と郭牧師をUPFの責任者に戻すように指示された事。文顕進理事長と郭牧師を追い出してしまった、とリーダーを叱った事。 

*2010年4月1日、文顕進理事長のNGOに対して、文先生が賞賛と感謝をした事。 

*2010年4月半ば、文先生が朱東文氏の襟をつかまれて怒りながら「顕進は何も悪い事はしなかった。絶対に傷つけてはならない」と言われた事。 

*2010年4月29日、金孝律氏と朱東文氏が文先生に正しい報告をしなかったのを、文顕進理事長にとがを着せたと言われ、「私はまだ後継者が誰か決めていない。観察している。」と文先生が言われた事。 

*2010年8月19日、「国進は統一財団の位置を降りるべきだ」と文先生が言われた事。 

*2010年11月18日の朝の訓読会で、とても怒り手をあげながら「敬礼するな」と言われ、御家族全体を叱られ、「私を殺そうとしている。私を売ろうとしている。」と言われ、金孝律氏に対し「この盗人、うそつき」と言われ、朱東文氏に対し「ペテン師」と言われた事。これに対抗して、金孝律氏が世界で失敗していると報告し、それに対して文先生は何も言われず、文国進理事長に「お前の兄は誰だ?」と尋ね、「顕進」と応えると、「彼がアベルUNとヨーロッパに責任を持たなければならない」と言われた事。 

*2011年5月15日、ドイツで朴普熙氏がモンゴルに関して、如何に朴普熙氏が文顕進理事長の活動を妨害する説明を始めた時、「顕進を傷つけてはならない。血を流させてはならない。どうして妨害するのか。」と言われながら、「金孝律と朱東文の二人が問題だ。こんな風にした。その二人が恩讐である事、全部知っている。」と言われた事。 

*2011年5月にスペインで、文国進理事長に統一財団を「辞めろ」と文先生が怒りながら3回言われた事。 

 

私が伝えている事と、教会本部が伝えている事と、どちらがより真実を伝えていると判断するかは、各自の責任です。 

 

文顕進理事長は基元節を前にした手紙の中で4つの質問をしています。その答えを探す責任は、各自にあります。 

 

 

1985年の文先生のお話を引用して終わります。 

「神の創造目的が絶対的なように、復帰摂理の目的も必ず成就するのです。 
したがって、メシアの理想は、決して漠然としたものではなく、具体的な私達の生活圏で必ず成就する神のみ旨なのです。 

このような点から宗教の目的とは、私達の実生活で神のみ旨を具体化することです。 

神が救援の全体的な摂理のために、時代と民族と環境に従って適当な宗教をおいて、善の土台を広げてきました。 

したがって、全宗教の究極目標は、神のみ旨である平和理想世界を成就すること、ひたすらそれのみです。 

宗教は宗団の中で独自の救援や個人救援を考える前に、世界救援という神のみ旨を心配しなければなりません。 

今の時は、汎宗教的に神の真なるみ旨を再探求すべき時であるとみるのです。」 




引用:パシセラのブログ

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 

汝矣島訴訟によって中断されたパークワン工事現場に消えるお金が、一日に1億6千万ウォンだとされている。


これを1年に計算すると584億ウォンになる。


このお金を人件費に換算すると何人ぐらい雇うことができるだろうか。大学を卒業したばかりの若い新人を年収3,000万ウォンで雇用するとなると、1,900余人の若者を雇用することができる。


もし教会が、このお金で若い青年たちに、原理教育を通じ、現場で活動できるようにしたらどうなるだろうか。


2千人に近い新世代の若者が公職者として、神様のみ旨を伝え、神様の摂理を進めるために活動したとしら、その効果はどれくらいになるのだろう。


ビジョン2020年、百万人伝道を叫んでいる協会と財団幹部には、そのような計算ができないのだろうか。


一日につき1億6千万ウォン。

虚しい使い方をせずに一日も早く訴訟を中断し、そのお金を天一国復帰のために投入することはできないのだろうか。


財団や協会幹部に、どれ程のお金を無駄にしているのかを知らせるためにも、1億6千万ウォンの札束を汝矣島パークワン工事現場にばら撒いてみたいものだ。


Pioneer! CARP 掲示板 より…



引用:在韓日本祝福家庭婦人会


ブログ主様ありがとうございます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)


アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

神様の創造理想は「理想家庭」の実現、というのが「原理」の教えるポイントだと思いますが、その理想家庭の内容を細かく説いているのが「平和神経」である、ということで、家族で(子供と)訓読をしながら、結局問題は、「理想家庭」というビジョンの内容をどこまで深く理解しているのか、ということが、信じるのか信じないのかということよりもまず先にチェックしなければならない内容であると最近感ずるようになりました。

ある意味では、今の教会の混乱も、「日本的」信仰観や、「韓国的」信仰観などいろいろな問題も当然あるでしょうが、その前にお父様が説かれた「理想家庭」の内容に対する理解の不足、あるいは無知により起こってきたものであると考えることもできるのではないかと思います。たとえば、この素晴らしい理想の内容を理解しておれば、決してあのような行動はしないだろうに、というようなことが多いので。

子供は正直ですので、わからないことはわからないと言って、「どういう意味?」ときいてくれますから、子供に説明しようとする中で、自分でもわかっていないことがいろいろと教えられてきます。今や「後天時代」ですから、わかったようなふりをしていても理想は実現できないので、正直に、率直に「理想家庭」のビジョンに対決し、親子ともども毎日の生活の中で一つ一つ実践しながら、「責任分担」を果たしていくことが重要だと思います。



引用:Kotenjiのブログ

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

このページのトップヘ