ブログ村通信

ブログ村・統一教会関連ブログから、パソコンに触れることのない婦人達に統一教会の現状を知らせる為のブログです。  ここに引用掲載された記事をメールマガジンと連動させ、広く末端の現場まで届けます。趣旨に賛同されるブロガー、読者の皆様どんどんメルマガ登録お願いします。 登録操作が難しい食口には、あなたが代わって登録してあげてください。

November 2013


6500双までは献身があったので、立派な人たちなのにみんなビンボーだねぇ~。と妻と話をしていました。

教会の貧乏には二つの要因があります。
 
1.収入の不安定さ
2.エンドレス高額献金

エンドレス献金においては、ちょっと強い気持ちをもって拒否すれば、怖い借金取りや差し押さえより怖くありません。

もう一つは収入の低さとか不安定さです。
多くの人が高学歴やそれなりにいいところに就職していた人たちでしたが、一度献身して、長い間社会から離れることにより、献身以前の好条件の職業につきにくくなります。

それもこれも、すべての苦労は、神様の復帰節理の為でした。
そのために立派な人たちが多くの犠牲を払ってきましたし、今も苦労されています。

すべては文先生が推し進める復帰摂理を成すためでした。

そして文先生が死力を尽くされたのは、

1.神様の守るべき直系の血統を立てること
2.永遠に続く後天時代の教えを準備すること
3.祝福中心家庭が訓読家庭教会として自立すること
4.訓読家庭教会が家庭連合を形成すること

を立てるためです。

1:神様の血統を立て、
文先生の直系長子(顕進会長のご家庭)を代々守る伝統です。
直系長子の血統を守ろうとする伝統がなければ永遠性がありません。

2:教えとは、文先生が原理を使って40年間で見出された、
四大心情圏、三大王権、皇族圏、真の愛、為に生きる人生、
正午定着、絶対性などで、後天時代の中心的な教えになります。

3:家庭教会でなければ、真の価値観教育ができないからです。
そして私たちの家庭が神様が働く宮となり、夫婦が生きた氏族のメシヤとなることを願われています。常に夫婦が創造性を発揮し開いていく時代です。

4:世界基督教統一神霊協会は、この4つを立てるための一時的な組織です。
前項までに書いたように組織では外的になり悪くなってゆくため、組織でなく「訓読家庭教会の家庭連合」が本番です。宗教組織の問題解決のカギです。

これまでの前項で上げてきた個々のブログで、この4つの有用性と根拠をあげてきました。

世界巡回をされ、平和神経をまとめられ、最後に原理本体論を文先生自身が発表されて一区切りだと思います。

文先生は、これまでの歴史や宗教史とはまったく異なるアプローチにより、地上天国、心情文化の世界を実現してほしいと、この4つの地上のカギを託されたと思います。

文先生とご家庭、祝福中心家庭がこれまで苦労してきたのは、まさに、この訓読家庭教会と家庭連合で新しい出発をする為です。

後天時代は、私たち夫婦が考え、悟り、閃いて実践する時ではないでしょうか。

教会組織が、文先生の直系の血統を否定し、法統を選択した瞬間から、神様と文先生の本部は顕進会長の所に移ったと思っています。

文先生が着々と作り上げた「訓読家庭教会」と「家庭連合」を支持し実践される方は、パシセラさんかgildongさんのプロフィールに書かれているアドレスにメールしてください。

「神様の下の一家族」世界実現にむけて、共にがんばりましょう!


引用:さやえんどうの訓読家庭教会

ブログ主様ありがとうございます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 


「これから統一教会に困難が訪れる」という事を書くと、統一教会の真っ只中におられるのが文夫人ですから、「お母様に関してどう思うか」、とか、「お母様に関して何かあるのか」とか、質問をいくつか受けています。 


これに関連していますが、統一教会内の混乱と過ちがわかればわかるほど、「お母様は完成されているのか?お父様は?本当にメシアだったのか?私達の血統は本当に転換されたのか?」などの疑問を持たれる方達もいる事を知っています。 


真面目で真剣な方こそ悩む問題である、と思うのですが、私は普通、こうした内容に関して質問された時には、申し訳ありませんが、あまり答えていませんし、ブログでも書いていません。 


答えるとすれば、どんな事があっても、文夫人に感謝するべきだし、文夫人のために祈るべきでしょう、と答える事が多かったように思います。 


なぜでしょうか? 


まず第一に、統一教会内には、文先生の本来の教えと異なる教えが沢山あって、特に文先生夫妻の神格化がかなり浸透しています。更に日本においては、文先生が長らく訪問される事もなく、直接にお目にかかる事も少なかった人が多いという問題があります。 


例えば、人によっては、文先生が間違いをする事があった、と思っただけで、混乱したり信仰が揺らいでしまう場合もあります。あまりにも極端な文夫妻への見方を、「絶対信仰」とされている人達もいます。その裏返しは「もろさ」です。だから、簡単には一気に答える事ができません。


「もろさ」はまた、状況がわかり始めた時の恨みや怒りにもつながり、自己憐憫や傲慢という、サタンの入り口を開けてしまう可能性も持っています。私は皆さんがそうなってはいけないと思っています。感謝と謙遜でなければならないと思っています。 


次に、こうした質問は、為に生きる事より、視点を自分に集中させる事になり、文先生夫妻に関する疑問が、結局は自分自身に関する疑問に変わる、と思うからです。 


それはまるで、イエス様が三大試練で「もしもあなたが神の子なら」と、アイデンティティに関する挑戦を受けたように、自分自身のアイデンティティに関する疑問となり得ます。 


その試練に自分ひとりで勝利できる人は多くないと思うので、そこに目を向けさせたくないのです。 


その試練に勝利するには、実子で全てを知っていながら勝利し、神様との直接的な父子関係の中で生きている人の助けが必要だ、と思っています。 


文顕進理事長の公開書信に4つの質問があるのですが、結局はその内容になり、その内容に勝利するには、実子の助けなしに、実子でない子女が一人でがんばっても正直難しい、と思うのです。 


今の文顕進理事長に直接会っただけでも、随分違うはずです。たとえ、厳しい事を言われたとしても、そこから道が開ける可能性があります。 


文顕進理事長は、時間の許す限り、二世のまだ20歳以下の人達が多い場でお話してくださいますが、二世の問題も結局はアイデンティティも問題に行き着きます。 


統一教会内の混乱と悪い見本を見ながら幻滅した二世に対して話しながら、間違った考えを整理されながら、復活させていくのです。混乱した二世を指導する難しさを知る人なら、それは奇跡にも見えるでしょう。それがどれほど大変な事かわかりますか? 


文顕進理事長のような人が言っている事を理解し、すっきりとした後で取り組むならまだしも、実子でないものががんばっても限界がある、と思います。実子で、なおかつ勝利しなければ、わからない事が沢山ある、と思われます。 


過去を振り返って、皆さんがより一層神様を理解したのは、ために生きた時でしたか、それとも、自分に集中した時でしたか?愛そう、為に生きようとがんばった時に、出会った事のほうが多いのではないですか? 


摂理的な時代的背景を考える時、今は、宗教も人種も国も超えて、世界が神様のもとに帰る事ができるように全力を尽くす時です。 


そういう時に、「文先生は本当はどんな方だったのか?文夫人は?自分が受けた祝福は何だったのか?」という事に集中して、その「チャンス」に訪ねてくるのは、神様でしょうか、サタンでしょうか? 


逆に、文先生はメシアとして超人のように時空を超越し、全てを見通しておられ、何一つ間違いをしない方だった、と信じることによって、自分の信仰を維持しようとする方もおられるでしょうけれど、そういう人の多くは、統一教会の中で固く心を閉ざして、文顕進理事長が予告する困難に直面するようになるのではないでしょうか? 


それに関しては今まで何度も触れてきました。 


まずは文顕進理事長の公開書信を良く読んでみられる事をお勧めします。それは、命綱として書かれたものだからです。 


そして、文顕進理事長につながる事を考えてください。そのつながりがまた「命綱」となる、と思うからです。そのために連絡先を教えているのです。 


文顕進理事長は、世界の宗教界のトップリーダーが自家用飛行機で駆けつけて会いに来るような人です。価値をわかるのが、統一教会以外の人達になってしまっています。残念だ、と思いませんか?




引用:パシセラ (Paci-fi-Cera) のブログ

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 


私はこのブログを始めた初めの頃、統一教会が言っている事に対して、一つ一つのポイントに対応して間違いを指摘する事もしていました。 


でも、そういう事をする時は過ぎ去ったと思っています。 


統一教会のリーダー達が説明して教会員達を引っ張っていった所は、次々に崩れ、そのたびに統一教会では新たな説明をして来ましたが、永遠不変の基準を持つ神様が右に左に変わるでしょうか? 


例えば、数年前を振り返れば、文家の末子が相続者であると大騒ぎして、アベルがどうの、カインがどうの、と大騒ぎしていました。それが今はどうなりましたか? 


昔の統一教会は、間違いがあれば認め、悔い改めるところでした。 


今は、間違いを正当化し、右に左に意見を変えながら、より多くの人達を間違いの側に引っ張っていく事によって、自分達を維持しようとしています。 


私は、そういう右に変わり、左に変わる言いわけに、いちいち、「そこが間違っている。今度はここが間違った」と説明する事はもうしません。 


今は、普通に考えれば、統一教会のリーダー達が間違っていた事はわかるべき時です。わからなければ、相当に条件を取られており、清められなければならない事を意味するのではなでしょうか? 


それは各自がしなければならないし、わかるまで、「数え切れない何世代にもわたって、信じがたい蕩減を払わなければならなくなる」事なのかもしれません。それは残酷にも思えますが、祝福中心家庭という責任を思えば、「どうしてわからなかったのか」と言われる立場でもあります。


統一教会員には、イエス様の摂理の話を聞きながら、ユダヤ人たちに対して「どうしてわからなかったのか」と思った方もいるかもしれませんけれど、同じように後世から言われるかもしれないのではないでしょうか?


この混乱の大きな原因は、統一教会の指導者のほとんどが一世であり、荒野の蕩減の道を、天の伝統である、と誤解していたので、先天時代から後天時代への転換に対応できなかった事に起因すると見ています。 


復帰原理で信仰の道を行ったとしても、創造原理で信仰の道を行く事を知らなかった事に起因すると見ています。 


宗教という枠の中での信仰は知っていても、宗教という枠を超えた信仰は異端に見えたはずです。 


不幸にも、二世の多くも、そうした一世の不足を相続してしまおうとしているようです。先天時代的な信仰をするか、そうでなければ、その統一教会で起きる様々な事件を見ながら愛想をつかし、「こんなに皆、間違った事をしているのだから、教えそのものが間違っているに違いない」という短絡的な結論に至ってしまっています。どちらの道も滅びる道です。 


神様がいないわけでもなく、原理が間違っているわけでもなければ、善や悪がなくなったのでもありません。 


ただ、人間が責任分担を果たさなかっただけです。人間の失敗の物語に過ぎません。 


昨日、「真の家庭」と共にある祝福中心家庭と、共にない祝福中心家庭という事を書きました。 


今日は日曜。私達は、平和メッセージ1を学びました。「真の家庭」と共にあろうとする祝福中心家庭の皆さん、共に平和メッセージを学びましょう。そして、自分達の責任分担である5パーセントとは何かを考え、実践しましょう。


そして、まだ私達に連絡してきていない皆さん、心を正しく決してください。




引用:パシセラ (Paci-fi-Cera) のブログ

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 


お母様を愛することとお母様と「一体となること」が混同され、あまりにも多くの悲劇を生んでいると思います。

「真の父母様こそが『摂理の中心』なのだから、真の父母様と『一つになる』ことが何よりも重要な『最優先事項』であり、それさえやっておれば(『天運』がくるので)全てはうまくいく。それをやらない限りは(『天運』がこないから)誰であろうと(真の子女様であろうと)どんな実力があろうと「立派な考え」があろうと、絶対にうまくいかないだけでなく『反摂理』である。」

これがそこら中で殺し文句として使われているのに、誰もそれを間違いだと指摘せず、オウムのように繰り返す。統一の食口を眠らせる麻酔薬のようなものでしょうか。あるいは脳みそに刷り込まれた呪文といったほうが適切でしょうか。

悲しいことはこの呪文の効果を熟知した人々がそれを自分の益のために利用していることです。

もちろんそのような人々はその行為の報いを既に受けてしまっているとも言えるかもしれませんが、利用される側も問題です。利用されることがそれこそ「反摂理」となっているのですから。

今は後天時代、あくまでもお母様を「真実に愛する道」をともに追求し、このような呪文が幅を利かせた時代ははやく終わらせましょう。


ダウンロード
    (管理人が挿入)



引用:Kotenjiのブログ

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。


読者の方からのメッセージをもとにした内容です。
ご本人の許可を得て載せさせて頂きました。

先日教会長が家に訪ねてこられました。
その時、「協会本部がおかしいのではないか」また「おかしくなった協会に、そして協会の方針に従っていくことに良心が望まないので、いったん教会に行くのが難しい」と話しました。

うちの夫も話をたくさんしたのですが、その中でおかしい事を協会がしているのは教会長もわかっている、しかしそれを口に出せば自分が首になる、月にいくらかのお給料もなくなれば生活もできなくなる、おまけに協会長の2世の娘さんも「協会がおかしい」と言っている…とかいう本音がたくさん出てきました。

おまけに3ヶ月間、礼拝に参加しせず十分の一献金もしなければ、システム上うちの家庭は統一教会員として除名されるはずだったのですが、教会が小さいためだと思われますが、教会長が礼拝に参加していることにしておくから、十分の一は一万ウォンでもして、とにかく教会に来なさいと言って帰られました。
伝道は進んでないのに、人数が減ると教会のランクが下がるためだと思われます。
こういう教会長が多いのでしょうね。

悲しいですが、これが今の韓国の各教会の牧会者の現状のように感じます。
私が個人的に知る人の中にもこのようなことを話されていた人もいました。どうすれが教会という組織から、そしてそのシステムから抜け出して、良心の願うままに動いて行くことが出来るのでしょうか。
天のみ言を伝えていく使命のある公職者が良心の思うように選択し、行動することが出来なければ、一体どのように天が働くことが出来るのでしょうか。
このような現状と向き合いながら私たち食口が果たしていかなければならない責任のお大きさを感じました。


 引用:在韓日本婦人の声「協会長の悲しい現実」

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。



人間には個人と家庭の課題だけがあっととしても、神様には国家と世界、さらに天宙の課題がある、という事を書いてきました。 
t02200216_0320031412746189256


この数日、ナイジェリアでの行事に関して、個人の経験を伝えてきました。 


でも、行事そのものは、統一教会の行事でもなければ、統一教会と関係もありません。 


このように書くと突き放されたように感じる人達もいるでしょうけれど、よく考えてみてください。 


国家や世界を動かすような事が、一つの宗教や教会の行事の次元で出来るでしょうか? 


できません! 
t02200149_0400027012746188773
(7日から9日に渡り、ナイジェリアの首都アブジャで行われた国際会議)

では、統一教会の教会員は、国や世界が動こうとする時に、置いて行かれてしまって良いのでしょうか?良くありません。人類一家族世界の一員であるのであり、私の兄弟姉妹なのですから。そして、置いて行かれるだけで終らず、滅茶苦茶になろうとしているのですから。 


だから、私は個人として、伝えているのですけれど、行事は統一教会とは関係ありませんし、統一教会のためにやっているのでもなければ、一つの宗教や宗派のためにやっているのではありません。一つの宗教や宗派のための行事なら、絶対に国や世界に対する神様の課題は解決されません。 


また、このように書いていると、自分の信仰を捨てろという意味だと、とらえるかもしれませんけれど、それも違います。世界で様々な宗教を信じる人達に、信仰を捨てろ、と言っても、国や世界は動きませんし、信仰を捨てるのは正しい事でもありません。 


神様の実在を知っている人が、子供に神様の存在を教えませんか?神様の設定した善と悪の基準を伝えませんか?神様が設定した普遍的な倫理や道徳を伝えませんか? 


伝えなければ愚かな人生を歩ませる事になるでしょう? 


なぜ、世の中の人々が、子供に倫理や道徳や善なる価値を教えようとするのでしょう?それは、試行錯誤でそうしたものを自分で探す事の無駄と、人生で支払う事になる代償を親は知っているからです。 


では、人生の悩みを抱えている親戚や隣人がいるとして、その人が自分の知っている神様や倫理や霊界に関して学ぶ事で悩みを解決できるとしたら、それを教えませんか? 


受け入れるかどうかは別に、教えるでしょう?それは、私がこのブログを通じて、兄弟姉妹であるべき人達に話しかけようとするのと同じ事です。 


統一教会にこのままいれば、間違った側にいて、大変な目に遭うようになる事がわかっているのに、黙っているのが道義に適うでしょうか?だから、私は個人として、語りかけるのです。 


でも、個人や家庭といった、身近な人達に対するのと同じやり方で、国や世界に対する神様の課題を、今の時代に解決できるのでしょうか? 


ところが、統一教会では、教会という組織を拡大する事が、国や世界の問題を解決する事であるかのように行動したでしょう? 


そして、教会を造る事が文先生の使命ではないと言った文顕進理事長を追い出して、邪魔をして、ウソを言いながらどんどんおかしくなっているでしょう? 


それは、結局、神様の課題である国や世界の事に対処できなくて、結局は、個人と家庭に災難が振りかかろうとしている、という事ではないでしょうか? 


だから、統一教会の人達がつまずいた、国や世界の事に関して語る事を通して、兄弟姉妹の個人と家庭に対して、私個人としてできるかぎりの事をするべきだ、と思って書いているのです。 


そして、キリスト教の人もイスラム教の人も、皆がナイジェリアの行事を援助したように、文先生を知った人達も、本来は、国や世界に対する神様の課題を解決するために、妨害するのではなく、サタン扱いするのでもなく、他の宗教の人達と共に、協力するべきなのです。 


今朝は、全ての行事が終って、文顕進理事長と共に、皆がナイジェリアでの成功を祝いました。その成功は、ナイジェリアの人々が、宗教の違いを超えて、神様のもとの一家族というビジョンの主人になる出発ができた事にあります。 


皆さんの兄が前進している事をお伝えしておきます。
t02200142_0400025812746188772



引用:パシセラ (Paci-fi-Cera) のブログ



ブログ主様ありがとうございます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。


 ここ数日、夫の食欲が落ちました。風邪をひいている様でもなく、私が思うに姑が一般病室から重患者室に移った日位からです。

 夫は4男2女の5番目(3男)で、祝福を受ける数年前に都会での会社勤めを辞めて、年老いた両親の元に戻り農業を引き継ぎました。夫より10歳年上の長男は1975年に結婚して同居しましたが、嫁姑の仲が1ヶ月ももたずに別居したそうです。それ程、姑の気質は激しくとてもハッキリしていました。

 私が韓国に来た当初、一番のカルチャーショックは韓国アジュンマ(おばさん)のパワーでした。日本に居る時は、他人に大声で怒鳴っている年配の方を見かけた事も、想像した事もありませんでした。それが韓国では当たり前の様に、ドラマの中でも日常の街中でもアジュンマ達が叫んでいるのを目の当たりにして、とても驚きました。

 言葉が余り分からなかった頃は、夫や姪(当時義兄の娘:3歳を5年間預かっていました)に大声で命令している姑の声を聞く度、内心ビクビクしていました。私は一度も怒られた事は無かったのですが、言葉が分かるようになってからも、隣の部屋から姑の咳払いの声が聞こえてきただけでビクッとし、心が休まらなかったのを覚えています。山奥の環境や貧しい生活、慣れない農業は全然苦にはなりませんでしたが、私にとって姑の存在がとても負担になりました。

 韓国の人は大抵、思った事をすぐその場で言葉にし、時には討論し(傍で見ているとまるで喧嘩をしているかの様な大声で)、その後はお互い何事も無かった様にケロッとしています。反対に日本人は、相手を想って自分が嫌だと思う事でも表面には出しません。昔からの美徳でもありますし、二重人格と言われればそれまでですが・・・。

 その様な韓日の差を頭では分かっていても、姑は人情深くてとてもいい人だと思っていても、なかなか姑に打ち解けられませんでした。それでも姑のおっしゃる事は何でも「はい」と聞いて、決して口答えしませんでした。内心闘っていても、表面上は良い嫁を演じ続けました。

 もの静かで優しかった舅が2005年の1月に突然老死され、その2年後に姑も突然病気で入院されました。一緒に住んでから12年目の事です。本当の事を言うと、私ももう少しで(姑に対して)爆発する寸前でした。姑もお年を召されて、何度も同じ事を繰り返し指示されたり、勘違いしておられる事もあり、「それは違うのに~」とか不平の思いが言葉に出そうになった矢先だったので「あ~神様は良くご存知だったんだ」と、そのタイミングに驚きました。

 姑が入院されてから6年半の間、月に2度は必ず家族4人で、沢山の果物等を買ってお見舞いに通いました。今年で87歳になられますが、まだまだ長生きされるとばかり思っていました。それが数日前に持病の他に、腎臓が悪化されている事が検査で分かり、手術も出来ないまま先が長くない事を宣告されました。

 数日前まではしっかり人の顔が分かっておられたのに、昨日他の兄弟達も一緒にお見舞いに行った時は「誰だ?」と、一人一人名前を聞いておられました。それでも「日本の嫁は?」と私の事を探して、私の顔が分かると「○○オンマ、パンガプタ」(○○ちゃんのママ、会えて嬉しい)と、涙ながらに何度もおっしゃるのです。私も思わずもらい泣きしそうになりましたが、グッと堪えました。

 辛かった過去は、今は殆ど思い出せず、姑の穏やかな笑顔だけが私の目の前にありました。実際に韓日の嫁姑の壁を越えるのに、長い年月がかかってしまいました。

 韓日家庭の中には、長男でなくても両親と同居しておられる家庭も多いと思います。義父母に侍りながら、本当に真心から愛せる様になるまでの葛藤や期間は人それぞれだと思いまが・・・。頭では「真の愛で人を愛し、為に尽くさないといけない」と分かっていても、目の前とのギャップに悩んでおられる方も少なくないでしょう。闘う相手が主体者であれば、もっと苦しいかもしれません。ただ、それを勝利出来た時、振り返ってみると何時でも神様が共にいて下さった事に気付き、感謝出来るのだと思います。そして、全てが自分が成長する為に必要な環境だったと、喜べる日が来ると思います。


byネコの独り言

引用:心のままに・・・

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 

「なんじゃそれりゃー!!」

目安箱に投稿してくださった方の勇気に感謝します。
その勇気ある行動で統一教会組織の「献金」に対する誤った考え方が露わになりました。

2013年11月1日全国責任者会議(宮崎台)での「方 相逸」復興局長報告から。
11月1日全国牧会者会議生中継-方復興局長いわく、改ざん天聖経で既に145億円稼いだ!
<報告内容は「  」>

「皆さん地区が3つ、教区が18、教会が113教会が年間目標を勝利致しました。
一旦、年間勝利していますので、この牧会者、その婦人部長皆が今後11月・12月のKの目標にたいしてはどうするんだと、そのことに大変心配してらっしゃいますが、結局2013年11月から12月、この目標ですね。」

・年間目標を既に達成してもなお11月12月の残り2ケ月の目標を心配している責任者がいるとしたら、完全なる献金依存症(本部に献金する事を生きがいにして信徒に献金を要求する病気)でしょう。

「それぞれに目標は少し違いますけれども、既にいま勝利した地区と教区は年間勝利したところは既に発表してありますので地区長に、それを地区長から頂いて、その目標勝利した分は、 簡単にいえば100%超えたところの分は2014年にそのままカウントして評価してやりますので、 皆さん11月12月もしっかり頑張ってほしいなと思っております。」

・献金に目標がること事自体が異常であり、献金を「カウント、評価」と表することが献金を集める事が「仕事」となっている証拠です。評価とは誰の何の評価か、結局は責任者の上層部からの「評価」ということです。最低現在の位置を守り、最悪、解雇されないよう、願わくば出世されるよう評価される。献金額に目標がある、献金をカウントする、評価するという文化はやはり間違っています。

(中略)

「それでですね今40K勝利した方が36,260家庭が現在あります。(36,260×40万=145億400万円)
36,260家庭に総会長の大きな計らいのもとにですね、早速一旦とりあえず140K勝利しなくても、
一旦とりあえず現場に全部贈呈するようになりました。(拍手)」

・真面目な日本人には有効な手段です、先に商品を送って分割でもよいと言えば後100万(40勝利者)は払わなくてはならないと人の良い日本食口達は思うでしょう。そして教会に集って「改竄された天聖経」訓読会をする時に、持っていない人が少数派であればその人達は疎外感を感じたり仲間外れになりたくない思えばと最低40を作って「改竄天聖経」を持つようになるでしょう。

・「140万円献金勝利者にプレゼント」が大前提のはずが、40万円献金でも本人に渡す。という事は「140万円献金勝利者にプレゼント」というのはやはり方便で「改竄天聖経」の価格が140万円という事になります。

「今までみなさんが何年間かけて天福函という摂理を大変何年もかけて引っ張ってきました。
この天福函という摂理がいつまで続けていくのかと、そういう声が質問がたくさんありますけれども、先ほど地区長、代表婦人部長の会議があって、その結論がだされました。 来年、基元節が2月12日が基元節ですけれども、その基元節まで、ということで決まりました」 

・430万円の「天福函」は140万円の改竄天聖経にその地位を奪われたのに「天福函という摂理がいつまで続けていくのか」と質問するという事は未だ430万を目指いて献金している人がいるし、天福函430万円の残金を請求する責任者がいるという事でしょう。

2013年9月11日に発令された<2013恩恵の確認(修正)>という公文によれば・・・
「140万円を献金すると天一国経典(天聖経増補版と平和経)贈呈と書いてありますが、単独で140万円ではなくそれ以前に出された「天福函」の430万円がまだの人は430万マイナス分を埋めて尚140加算して献金した人に贈呈だそうです。」http://ameblo.jp/yosia621/entry-11627044805.html

つまり2014年2月12日までに430万円献金して「天福函」を買わなければ永遠に改竄天聖経がもらえないとう事になります。そしてそれまで430万円に向かって積み上げてきた献金額は来年2月12日までに430万円に届かないと「天福函」ももらえないし、改竄天聖経にも『手が届かないという悲惨な結果になりますね(公文によればです。)

しかし、何事もなかったように新たに140万円を叫び改竄天聖経一色になって行くのでしょう。皆様も少しは学習してほしいと思います。物を介在させた献金に関しては様々な屁理屈をつけ、前公文との整合性もないまま、或いは無視し、その場しのぎの対応だという事を。

矛盾した事をしても「神の御業は人間の考えでは測れない」と言えば、信徒は何も言わないと高を括っています。誠意を示して献金をお願いしていません、如何に献金を集めるかしか考えていない幹部達の悪知恵と口車に乗らないほうが良いと思います。


引用:yosia621のブログ

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 

仁進氏&Ben氏の結婚式に対する米国UCの声明書(2013.10.29)

2013年10月29日
天暦1年9月25日


親愛なる食口の皆さん

過去数週間にわたり、アメリカ国内だけでなく韓国をはじめとする世界各地のメンバーから、10月12日の文仁進氏とベン・ロレンツェン氏の間で行われた儀式は教会によって公式的あるいは正式に「祝福」として認められるのかという問い合わせが多数寄せられています。

この質問に対する単純明快な答えは 「いいえ」です。

その儀式はプライベートな会場でプライベートに行われました。参加していた人達は全員プライベートな立場で参加しています。教会からのリソースは何ら要求もされなければ与えられてもいません。同様に、教会からの承認が要請されてもいなければ与えられてもいません。真のお母様はこれを承認もされなければ同意もされていません。むしろこのカップルがその計画を遂行することを断念するように説得をしようとさえしておられました。

私達は真の父母様と真の家庭の全員に対し祈りを継続します。

敬具

マイケル・バルコム
世界平和統一家庭連合米国会長

2a49971aad7ceaf92e2dc8ff9afb079d


i&b1

 


2013年10月30日
鹿児島、愛知、北海道の元信者らが原告の「青春返せ集団訴訟」が札幌高裁において約2億4千万円の支払い判決が出たそうです。原告が請求していた約6億円の損害賠償及び慰謝料支払いのうち、被告の統一協会に対し、入教関係費、物品購入費、献金関係費など損害賠償額として約1億6千万円、慰謝料約8千万円などで総額約2億4千万円の支払いを命じたそうです。

" 第2次青春を返せ集団訴訟 控訴審判決下る "  (カルト新聞をミタさん より)
(参考ブログ)

原告、被告共に上告するのか、しないのかは解りませんが、大きく覆ることはないでしょう。
信者として行った献金や信者時代に購入した絵画や印鑑、宝石なども損害賠償として認定されたことになります。以前物品購入や献金に対し違法、不当な働きかけはありませんという念書の事が記事にUPされていました。(http://nokenkin.blogspot.jp/2013/10/blog-post_26.html

この念書は裁判を想定し、裁判に対する布石の意味があったのでしょう。念書は裁判時の証拠にはなりますが、この念書をもって全てが正当で、献金や物品に対する損害賠償が発生しないとは言えません。

第一審において原告側が求めていた『「統一協会の布教活動は、憲法違反の行為である」との法的判断』については、同裁判長は判決文に於いて明言はしていないもの「社会一般の価値観、憲法が規定し社会が内包する倫理観に反する」などとしています。

過度な献金要請や物品購入等、教会内で「善し」として捉えていた価値観は日本国憲法下においては「非」とされたという事です。徳野会長もコンプライアンスを訴え辞任した経緯があります。その徳野氏が会長として復帰したのですから今回の裁判結果が法治国家日本で活動する限り憲法が規定し社会が内包する倫理観をもって運営していく礎になればよいと思います。

しかし現実問題として、15億の毎月の経費加え2億4千万円の支払いをどの様にするのか?日本教会に資産はないし結局献金によって賄うしかありません。

献金に拍車をかけるようにならなければよいのですが。



引用:
yosia621のブログ

ブログ主様ありがとうございます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 


既に多くの人が統一教会の惨状を憂慮する状況にあると思いますが、
統一教会が摂理から離脱しているという認識に至れないのは何故なのか。

ここ数年の統一家における問題を便宜的に「摂理的葛藤」と呼びますが、
最も初歩的な誤謬は、この摂理的葛藤を対立軸でしか捉えられないことです。
単なる分裂と捉え、現体制の中に安住しながら、単純に「一つになりましょう」という美辞麗句を掲げ、平和主義者然として遠巻きに批判する人々はよくよく考えるべきです。

このような人々は、かつて冷戦時代に左翼の情宣活動に踊らされて反戦を叫び、サタンのデタントの餌食になって、多くの国の共産化とボートピープルに象徴される難民を生み出すことになった苦い歴史を学ぶべきでしょう。問題の原因を考えない惰弱で安易な平和主義は事態の解決に寄与しないばかりか、一層の深刻化や被害の拡大を招来するでしょう。

保守と革新という言葉を知らない人はいないと思いますが、「革新」と呼ばれた共産党や社会党が、実は古い組織的体質を引きずった守旧勢力に過ぎなかったことは歴史が証明しました。今どき旧ソ連や北朝鮮を「革新」と呼ぶ人はいない筈です。それにも拘わらず左傾化したマスコミは無分別に「革新」という名称を与え事実を偽ったことは記憶に新しいところです。

UCとUCIという対立構造は、現指導層によって仕組まれたものです。
彼らが食口の目を欺くために作りだした虚像に過ぎません。これは共産主義者が、冷戦下のアメリカを始めとする西側諸国で展開した反戦運動とよく似ています。~グループという名称を用い、教会組織を利用して事実を歪曲して伝える一方で、統一家から真の家庭を駆逐し、老獪な幹部たちが富と権力を掌握している事実に注目すべきであり、その結果として借金を抱えた食口がベトナム難民のように続出している事実に目を向けるべきです。日本食口の惨状に目を瞑り口を噤みながら、~グループがどうのと、幹部の悪宣伝を鵜呑みにする人々は、その後、UCがどうなったか、考えて見るべきでしょう。

もっとも甚だしい間違いは、信仰と政治の混同です。
上述した幹部たちの陰謀は、断じて信仰的な次元の話ではなく、彼らの利権を中心とした政治的次元の問題です。したがって、そのような問題を、上述した願望的な反戦運動のように、手を合わせて祈祷しても解決を見ることはなく、座して死を待つようなものです。

現在の摂理的葛藤における座標軸は一つではありません。

摂理と反摂理、善と悪、サタン分立、これが最も重要な座標軸でしょう。
摂理の方向性に適うものが善であり、反するものが悪です。
しかし、それだけではない。
蘇生、長成、完成という心霊基準、復帰および再創造の座標軸があります。
前者が横軸なら後者は縦軸と言えるでしょう。
後者には、新約、養子圏のキリスト教を代身する(筈だった)統一教会から、
成約、実子圏の世界平和統一家庭連合への移行失敗、心霊基準が僕レベル(※1)の統一教、さらには清平教への転落という深刻な問題があります。この問題も、~グループがどうのということと関係がありません。

自国の政治が危うくなると、国外の問題(領土問題など)を持ち出して憎悪を煽り、国民の目を逸らそうとする国がありますが、それと同じことです。

目を逸らしている間に、韓国では国税庁の税務調査を受け、ヨイド裁判も敗訴および総資産に匹敵する損害賠償が目前に迫っており、UCI裁判は日本統一教会も原告かつ被告です(※2)。言わば、自分の家に自分で火を放ってしまったようなものです。

---------
※1:心霊基準が僕レベル
例えば、下記記事に参照されるように、統一教会の公職者が
「僕の僕(しもべのしもべ)から僕へ」と明確に証言しています。
http://ameblo.jp/gildong/entry-11236810547.html

※2:原告かつ被告
裁判の過程で原告が提出する証拠についての説明義務や資料提出が求められ、現在原告となっている人々は元々UCIの理事だったので、その時代の資料や資金の流れに関しては、「自分で自分に裁判を起こしている」状況になります。しかも「全てがお父様の指示だった」という口頭信託が立証されれば、アメリカの国税庁は脱税容疑の税務調査や不正送金の調査を開始する可能性が高いと言えます。つまり、ヨイド裁判もUCI裁判も結果如何に関わらず、統一教会は自爆することになる。その危険性は、原告側の弁護士が指摘している程です。
http://ameblo.jp/gildong/entry-11296439872.html


引用:gildongのブログ

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 


宗教が対立する世界の問題を解決する道は、神様を否定する事でもなく、無宗教になる事を勧めるのでもなく、自分の宗教のみが正しいと主張する事でもなく、自分の宗教に全ての人を改宗しようとする事でもありません。 


多くの人にとって、神様とは観念的な信仰の対象であり、教派や宗派に属するかどうかが、神様との関係を規定するものになっています。 


しかし、下記のお話において文先生は、表面上に現われた宗派や教派でもなく、信仰の対象としての神様としてでもなく、生活の中心の神様、心情的な父としての神様として、文先生は語っています。 


その父子の絆を完全に体現した人がいてこそ、宗教の壁を越える道が生まれるはずです。イエス様は、殺されなければ、そういう方として世にあらわれたはずです。 


イエス様は神様を父と呼んだ人です。その「父」という言葉には、全ての宗教の壁や国の壁を越える内容がありました。 


しかし、イエス様が殺される事により、イエス様の教えは一つの宗教になりました。イエス様が語った父子関係は、生活上の心情的な関係であるより、宗教上の観念になりました。 


文先生も、神様との父子関係を教えられた方です。 


では、その父子関係は、統一教会において、生活上の心情的な関係として実を結ぼうとしているでしょうか、それとも神学的観念によって右に左に動くものになっているでしょうか? 


文先生が他界された後、統一教会では神様に関する教えが変わりましたか、同じでしたか?もし、本当に生活上の心情的な父子関係を持つ神様であったとすれば、どうして神様に真摯に仕えようとする人をサタン扱いしたり、排斥したりする事ができるでしょう? 


文先生が教えられた神様は、そのような神様だったでしょうか? 


文先生の教えた父子関係は、統一教会においては、一つの宗教の観念になろうとしているのでしょうか、それとも宗教を超える力を持とうとしているでしょうか? 


「皆さん、この世の中でも愛する息子が父母の膝元を離れて、あらゆる凶悪な犯罪を犯しまわっているとしても、その息子を思う父母の心は、もっと切ないものなのです。 


真の愛を持った父母ならば、その息子に手を上げる前に、彼にすがりついて号泣するはずです。そのような父母ならば、必ずその息子を悔い改めさせることができるのです。 


そのような心情で息子に対する父母は、どんなに無知で愚かで木石のような息子であったとしても、必ず善なる息子となるように導く事ができるのです。 


それは正に、神様がそのようにされるからなのです。」 


「今日まで表面上に現れた宗派や教派の教理が、この生涯において全体の代わりをすることができず、創造主である神様との因縁を認めることができなければ、それとの因縁を切ってしまわなければなりません。 


神様がいらっしゃるならば必ず一つの目的、一つの理念を達成して、全人類が神様に侍ることができるところまで導く摂理をされなければならないのです。 


そのように見る時、神様の摂理は表面上に現れた教派ではなく、表面上に現れた現実のいかなる主義でもありません。 


神様はその裏側で新時代の新しい歴史を図り、隠れた摂理をしていらっしゃることを私達は推理で察することができます。もし、この世界をこのままほっておけば滅びてしまいます。 


では、神様が直接支配なさることがあるとするなら、それはどのようなものでしょうか。 


ここで私達は人類愛を提唱しなければなりません。言葉だけでなく、自分自身が実感的に体験でき、写実的に感じることができる神様を求めなければなりません。 


私達が“神様”と呼ぶ、その神様は観念的な存在ではなく、実証的な存在です。信仰の対象としての神様ではなく、生活の中心としての神様です。 


そういう絶対者との因縁を結んで生きる群れが、この終わりの日に現れないとするなら、この世界は正に最後の難局にぶつかると見ざるを得ないのです。 


しかし、創造主である神様がいらっしゃる限り、決してこの世を滅びるようにそのまま捨てておかれはしないのです。したがって、滅びないようにするために、神様と私たち人間が共にする摂理の形態が、どこかに現われなければならないのです。 


では、まず皆さんがどのような姿にならなければならないのでしょうか。 


神様を創造主、すなわち主人として仕えることにより、神様を心情的に父と呼ぶことができなければなりません。 


観念的ではなく、神様は私の父であるということが、体と心にしみるように感じられなければなりません。


このような体験をすることのできる摂理的な形態が、必ず現われなければなりません。」



引用:パシセラ (Paci-fi-Cera) のブログ

ブログ主様ありがとうございます


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 


ある韓国の36双に、清平をどう思うかと聞いたところ、「あれは日本教でしょう」という答えが返ってきたという。実際、清平を支えているのは、日本人だけだ。

韓国人にとって清平は、韓国にたくさんあるお祓いや占いをするシャーマニズムの一つに過ぎない。だから、韓国人は、清平の先祖解放にも熱心ではないし、献金もしない。

では、お父様は先祖などについて、どう語られているだろうか。

原理講論(創造原理)によれば、私達の霊人体は、肉身を土台として、生心を中心として、創造原理による秩序的三期間を通じて成長し、完成するのであり、霊人体のすべての感性も肉身生活の中で、肉身との相対的な関係によって育成される。だから私達人間は、地上で神の愛を完全に体恤してはじめて、その霊人体も神の愛を完全に体恤することができる。だから、天国でも地獄でも、霊人体がそこにゆくのは、神が定めるのではなく、自分自身が決定するのである。[i] 

では地上において、完成できずに他界した霊人達、私達の先祖などはどうしたら良いのだろうか。復活論によれば、彼らは地上に再臨して、自分達が地上の肉身生活で完成できなかった部分を、肉身生活をしている地上の聖徒達に協助することによって、地上人達の肉身を自分の肉身の身代わりに活用し、それを通してなしとげられるのである。[ii]

すなわち、霊人体を完成させることができなかった私達の先祖は、肉身のない霊界では完成できないために、私達を「条件にして」、私達に「協助する」ことによって、「霊人体を成長」させ、愛の「感性」を育成しようとするのである。これが先祖が「再臨復活」する理由なのである。

だから「天聖経」にも、「イエス様が地上に来られることによって、それ以前の善なる先祖たちが霊形体級の霊界から生命体級の霊界に入ることができたのと同様に、皆さんの先祖たちも地上にいる皆さんを条件にして、再臨することができる特別な恵沢圏内に入ってきました。皆さんの先祖が皆さんに協助するのです。」[iii] とあるのだ。

すなわち、本当に「先祖を解放」するためには、まず私達が自分の霊人体を成長させ、「真の愛の感性を体恤する」ことによって完成することが必要なのである。

お父様は明確に、「(皆様は)地上界の人生で、肉身を土台として霊人体を完成させるべき責任があるということです。だからといって霊人体の完成が自動的にやって来るのではありません。必ず真の愛の実践を通して、体と心が完全一体となった人生の土台の上で、初めて完熟した霊人体が結果として実っていくのです。…この地に天国を成し、楽しく暮らしてから逝ってこそ、自動的に天上天国に入城するようになるのです。…霊界に入っていく皆様の姿は、肉界での人生を100%収録した霊人体です。神様が皆様の審判主ではなく、皆様自らが自分の審判主になるということです。」[iv] と言われている。

また、「天国に入るのに絶対に必要な条件が、正に『ために生きる人生』、すなわち真の愛の人生なのです。」[v] とも言われているのである。

だから、地上にいる私達が霊人体を完成させ、「長子権、父母権、王権」を復帰した立場に立てば、その「私」を中心として、先祖との関係も逆転し、父が子となり、祖父が孫になると、お父様は言われているのである。

「天地が開闢するのです。おじいさんが孫になり、お父さんが息子の立場に立つのです。…長子権、父母権、王権の立場に屈服して、孫を先祖として、おじいさんとして侍るのです。自分の子供をお父さんとして侍らなければならず、自分の弟をお兄さんとして侍ることができる天地開闢、180度ひっくり返る。」[vi]

先祖解放に必要なのは、清平への献金の額でもなく、体をたたくことでもない。まず自分自身が、良心を中心として、「ために生きる」生活をすることなのである。

だから問題は、清平にどれだけ献金したかではない。反省すべきは、私達がどれだけ「他のために生きる生活」をするようになったか、「平和で真の愛に満ちた祝福家庭」となったかということなのである。それなしに、先祖が解放されることはあり得ないからである。

2013年11月1日

マルコ



引用:マルコの手紙

ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。

 

このページのトップヘ