2008年12月30日に奉呈されお父様が直接修正し完成された天一国憲法の行方

お父様が「天一国憲法」の制定を最初に指示されたのは、52カ国から3万5千人が参加した、2005年4月27日から5月1日まで麗水で行われた大会の開会式が終わった直後でした。

行事が終わった直後、お父様は郭錠煥会長に、天一国憲法を持って来るように語られました。しかしそれまで、天一国憲法の制定を指示されたことがなかったので、天一国憲法をお持ちすることができませんでした。そのため、お父様は3日以内に草案を作成して持って来るようにと郭会長に指示されました。

お父様の厳格な指示に基づいて、天一国憲法の草案の作成作業が開始されました。この作業には、宣教本部、家庭局、成和社など、いくつかの摂理機関の関係者が参加しました。 3日間では憲法の草案を作成することは不可能であり、約1ヶ月かけて草案が完成されました。天一国憲法の草案と共に、成和社によって憲法の解説集であり法律規定の根拠を提示するみ言集も、共に制作されました。

1ヶ月後、草案を作成して、郭錠煥会長がお父様に報告すると、どういう理由かお父様からは、それ以上、天一国憲法の制定作業に関するみ言は一言もありませんでした。しかし「家庭盟誓が天一国憲法である。家庭盟誓が憲法となるようにしなさい!家庭盟誓が憲法の基準なので、そのまま反映させなさい! 」というみ言だけを、天一国憲法制定の指針であり方向性として郭錠煥会長に語られました。

それから2008年12月初めまでの約3年間、お父様は、天一国憲法の草案を持って来るようにとは語られませんでした。しかし時々、年に2~3回程、訓読会でお父様は郭錠煥会長に上記のみ言だけを繰り返されました。「家庭盟誓が憲法である。家庭盟誓が憲法にそのまま入るようにしなさい! 」

2008年12月初旬、お父様は天一国憲法の草案を求められました。そして以前にはなかった、新しい追加の指針と方向を郭錠煥会長に語られました。「天一国憲法には、堕落、復帰、救い、罪のようなものが一切入ってはならない。その影すら無くしなさい!天一国憲法は、創造本然の秩序である。もし現実的に復帰や救いの摂理のための手順や組織が必要であるならば、それはすべて附則の経過措置として処理しなさい! 」と語られました。

このみ言に基づいて、2005年6月に作成された天一国憲法の草案は大幅に修正されました。救い、復帰に関連する過程摂理と摂理機関は、すべて附則の経過措置の規定として編入させ、「家庭盟誓」が目指す方向に応じて、天一国の体制と法的秩序が構成されるようになりました。

お父様から天一国憲法の草案を持って来るようにという指示があり、2008年12月30日、憲法の草案が奉呈されました。それ以来、お父様は時々訓読会で「天一国憲法の草案が完成した。草案の分量が多すぎる」と語られました。「天正宮でお父様が、12月30日に奉呈された憲法の草案を入念に検討されながら、サインペンで修正されるところを見た」と郭錠煥会長は語られました。

当時の天正宮にいたある人物がこのような事を言いました。「 PK、 KJ 、文亨進世界会長らが12月30日に奉呈された天一国憲法の草案を見た。彼らは“この草案がもし頒布され施行されれば、統一教会は郭錠煥とその一家のものになる”と言っていた」

2008年12月30日に奉呈され、お父様がサインペンで入念に修正され、み言選集にも2009年の初め、「天一国憲法が完成した」というみ言があります。しかしお父様が手を加えられた天一国憲法の草案は、今、その行方が定かではありません。

去る2008年12月30日に奉呈された天一国憲法の草案を天正宮で見たPK、KJ、文亨進世界会長のうち、現在まで統一教の核心権力の座に残っている人物は金孝律氏のみです。

去る2013年7月12日、鮮文大では現職の牧会者たちを対象にした第4次「天一国憲法制定のための公聴会」がありました。この日金孝律氏は「郭錠煥会長が会長であった2005年に、天一国憲法の草案が、一度、成文化された。この憲法の草案を参考にして、2013年、天一国憲法の草案を作った 」と語りました。そして2008年12月30日、お父様に奉呈された憲法の草案については、全く言及しませんでした。

金孝律氏は2008年12月に奉呈された憲法の草案を知っていました。み言選集にも彼が知っていたことを証明できるお父様のみ言葉があります。

......孝律。憲法の草案について知っているか?(見ませんでしたが話は聞きました。)お前が見ることはない、私が見なければいけないでしょう? 2013年1月13日が過ぎると、その法の通りに生きなければならなりません。多くのみ言を語りましたが、法の通りにできない人は、分かれてしまいます。( 609-199 ~ 200、2009.3.10 )

なぜ、金孝律氏は2008年12月に奉呈され、お父様が直接修正までされた天一国憲法の存在を隠しているのでしょうか?


原文:천일국을 창건하는 PionEer! CARP


追記(管理者)

天一国憲法(教会法



引用:在韓日本祝福家庭婦人会


ブログ主様ありがとうございます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

・・・・・・メルマガ登録は以下より・・・・・・・

普段、パソコンやスマホに触れることのない食口たち全てに教えてください携帯メールにこのメールマガジンが配信できるように、身近な婦人たちの為に、お手伝いをしてください。

以下の入力欄にあなたのメールアドレスを入れて【購読】をクリックしてください
(購読と書いてありますが完全に無料です)

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


また、直接食口の携帯メールへ伝える場合は、
sub-3btdbzqjk3r-akb@www2.skynetdm.com
上記アドレスを直接携帯に入力し件名・本文を書かないで送信ボタンを押してください
*うまくいかないときは、件名欄・本文欄にスペースを一つ入れてやってみてください。